原作・朝霧カフカ、作画・春河35による漫画『文豪ストレイドッグス』(角川ビーンズ文庫)は、シリーズ累計850万部を超え、アニメ、ゲーム、舞台と幅広く展開している人気作シリーズ。明治から昭和にかけて活躍した文豪をモチーフにしたキャラクターたちが、“ヨコハマ”を舞台に異能バトルを繰り広げる。

2017年より舞台シリーズが上演されているが、実写映画作品は2022年1月7日(金)より公開される映画『文豪ストレイドッグス BEAST』が初めて。本作では、主人公で「武装探偵社」に属する中島敦(鳥越裕貴)と、その宿敵で「ポートマフィア」に属する芥川龍之介(橋本祥平)がもし逆の組織に所属したら…?という“ifストーリー”が描かれる。

舞台版のキャストが集結し、「仮面ライダー」など特撮作品でおなじみの坂本浩一監督がメガホンを取ることでも話題を集めている本作。主演の橋本とライバルを演じる鳥越に、実写映画化への思いや見どころのひとつでもあるアクションの話題、またプライベートでの交流についてなど、広く語ってもらった。

■2.5次元作品キャストでの実写映画化に「ようやく僕らも戦えるようになってきた」
――原作ファンからの人気も高い「文豪ストレイドッグス BEAST」を、舞台版キャストで実写映画化することについて、どのように感じていますか?

【鳥越裕貴】舞台に出演しているキャストたちと映画『文豪ストレイドッグス BEAST』をやれるというのが、とてもうれしかったですね。まだアニメでも映像化されていないストーリーということでプレッシャーもありましたが、そのプレッシャーもいい意味で撮影に生かすことができました。

【橋本祥平】舞台ではこれまで6作もやらせていただきましたが、まさかこのチームで銀幕にいけるとは誰も想像していなかったと思います。だから、最初に聞いた時は本当に驚きました。それと同時に、今まで僕たちがやってきたことは正しかったんだなと、報われた気持ちにもなりましたね。

【鳥越裕貴】実写映画化の発表をしたのが舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」の千秋楽で、お客さんのどよめきがものすごく印象に残っています。その期待に応えられるようにパワーを注いで作った作品なので、きっと楽しんでいただけると思います。

――最近は“2.5次元舞台”が映画作品になることが増えてきました。そのことについて、最前線で活躍するお二人はどのように感じていますか?

【橋本祥平】以前は、舞台は舞台、映画は映画の役者が演じる“別モノ”というイメージがあったと思うんです。でも、それが少しずつ変わってきて、ありがたい時代になったなと思っています。それだけ“2.5次元”というジャンルが世に広がってきたということだと思いますし、より多くの人に観ていただける分、これまで以上にふんどしを締め直して頑張っていきたいです。

【鳥越裕貴】“2.5次元”の役者だけで映画を撮るということをここまで大々的にやれるようになったのは、祥平が言ったように“2.5次元”というワードが世間に認知されてきたということだと捉えています。それはつまり、ようやく僕らもお茶の間と呼ばれるようなところで戦えるようになってきた、ということなのかなと思います。

――それこそ、“2.5次元”の第一線で活躍されるお二人がそのジャンルを盛り上げてきたからこそなのかなと。

【鳥越裕貴】いやいや。僕らはいろんな先輩方を見て育ってきただけです。だから、僕たちもまだまだ頑張らないといけないなと思っています。

【橋本祥平】そうですね。

■実は橋本が憧れていた坂本浩一監督
――「文スト」シリーズは、異能力で戦うアクションも見どころのひとつですね。これまで舞台でも激しいアクションシーンを重ねてきたお二人ですが、本作の撮影はいかがでしたか?

【橋本祥平】舞台のアクションとは大分違いましたね。わりと長回しで撮っていたこともあり、とても緊張感がありました。少しでもずれてしまうと、最初からやり直しになってしまうので…。

【鳥越裕貴】アクションの手数も尋常じゃなかったんですよ。撮影に入る前に一度アクション稽古があって、僕たちの動きを見た坂本監督に「あぁ、いけるね」と言っていただいたんです。そのためか、どんどん手数が多くなってしまって(笑)。

【橋本祥平】覚えても覚えても、次から次へと…(笑)。でも、アクションシーンのあとに坂本監督がかけてくださる「うまい、うまい」という言葉がすごくうれしくて。僕は昔から特撮作品が好きだったので、憧れの監督に撮っていただき、そんな言葉をかけていただけたのは人生の中でも大事件でした。

【鳥越裕貴】「大丈夫、カッコいい」って言ってくださるんですよ。坂本監督にそう言われたら、もっと頑張るしかないと思いましたね。

――そんな坂本監督の現場で、学びや今後の糧になりそうな経験はできましたか?

【橋本祥平】映像のアクションについては本当に勉強になりました。例えば舞台では、ある程度、距離を取ってパンチを繰り出しても殴っているように見えますが、映像ではミリ単位で腕が下がっただけでもそう見えなくなってしまうんです。その繊細さは映像の現場ならではの学びでした。

【鳥越裕貴】僕は役の作り込み方が重要なんだと学びました。撮影期間が長くかかる分、しっかりと役を作ったうえで臨まないと一本のストーリーを仕上げられないんだなと。余分なものを削いでいくような、映像ならではの芝居をする機会があまりなかったので、今回それを経験できたのはとてもありがたいことだと感じています。

■鳥越が橋本家に侵入?「片足どころか、もう両足入っています!」
――お二人はこれまでに何度も共演されていて、プライベートでも仲がいいということで、お互いの魅力だと思うところについて教えていただきたいです。

【鳥越裕貴】祥平は人見知りの太鼓持ち役者です(笑)。心を開いてくれればかわいいやつなんですが、それまでの壁が高い!攻略するには並大抵の努力では難しいと思います。あと、家族想いですね。

【橋本祥平】鳥くんは、ぱっと見、わちゃわちゃしてる人に見えますが、実は人一倍、アンテナを張って気配りしてくださる方。そして、僕の家族に侵入してきて家族の一員になろうとする人です(笑)。

――鳥越さんが橋本家の一員になろうとしているんですか?

【橋本祥平】そうなんです。片足を突っ込んでいます。

【鳥越裕貴】片足どころか、もう両足入っています!

【橋本祥平】以前、鳥くんが家に遊びにきた時に、バーベキューをしたんですよ。そうしたら、いつの間にか僕の父親とめちゃくちゃ仲良くなっていて。そうやってすぐに人と仲良くなれるのも、鳥くんの魅力のひとつだと思います。

――では最後に、舞台となっている“ヨコハマ”にちなんで、横浜のお気に入りスポットを教えてください。

【橋本祥平】僕は神奈川県出身なので、学生時代はよく横浜に遊びに行っていました。よくコスモワールドで遊びましたし、横浜中華街も好きです。というか、タピオカブームの元祖は横浜中華街だと思うんですよ!小さい頃からタピオカを飲んでいたので、東京で流行りだした時にはちょっと遅いなと思いました(笑)。鳥くんは?

【鳥越裕貴】僕は大さん橋ですね。芝生で寝そべるとすごく気持ちいいので、好きなスポットです。ただ、カップルが多くて嫌になりますけど!

【橋本祥平】あはは!

撮影=大塚秀美
取材・文=榎本麻紀恵