ステイホームで加速しているペット需要。実際にどんな動物がペットとして人気があるのだろうか。そこで、今回は、ウォーカープラスの読者1682人にペットに関するアンケートを実施。実際に飼っているペットについて、「自慢したいエピソード」も交えてさまざまな角度から聞いてみた。
(※集計期間:2022年3月4日(金)〜3月13日(日) 結果のパーセンテージは小数点以下切り捨て)

■現在飼っている人、過去に飼ったことがある人は合計で84%!
まずは、どのくらいの人がペットを飼っているのか、実態調査をしてみた。「ペットは飼っていますか?」という質問に対して、「はい」が32%、「いいえ※以前は飼っていた」が52%、「いいえ※一度も飼ったことがない」が15%だった。

結果として、現在進行形でペットを飼っている人は全体の半分にも満たない状況だったが、この数値だけを見ても多いのか少ないのか判断が難しいところ。だが、経済産業省のデータ(※)によると、ペット・ペット用品の動向は、緊急事態宣言がはじめて発令された2020年第II四半期に前年同期比8.2%増、第Ⅳ四半期に同13.8%増と大幅に増加するなど、2020年以降、8期連続の増加となっているようだ。
※商業動態統計(経済産業省) ペット・ペット用品販売額の推移より

この統計を踏まえてみると、ペットが飼えないマンションやアパートも多くある中、32%の人がペットを飼っているのは、やはり、ペット需要が高まっているとみていいかもしれない。

■犬猫は安定の1位&2位!気になる3位以降は…?
では、みんなどんなペットを実際に飼っているのか、現在飼っている動物について尋ねてみた。

上位2種類は「犬」(42%)と「猫」(34%)となり、回答者の約8割がどちらかに当てはまるという結果に。この2強以外では、「メダカ」(10%)、「金魚」(7%)、「熱帯魚」(5%)が上位にランクインした。これは、水槽で比較的コンパクトに飼育でき、マンションやアパートにも適応できるというメリットから、上位にランクインしたものと思われる。

また、「インコ」(5%)、「うさぎ」(4%)、「文鳥」(1%)など、小動物や鳥も人気が高いことがわかった。サイズ的に小さな動物で、鳥もカゴなどで比較的コンパクトに飼育できる分、家庭環境を問わず受け入れられるのが大きな理由ではないだろうか。



■今後飼ってみたいペットは?犬猫に続き、小動物系も人気!
「今後飼いたい(飼ってみたい)動物」についてもアンケートを取ってみた。ここでも圧倒的に人気だったのは「犬」(30%)と「猫」(19%)だが、3位に「うさぎ」(3%)、「ハムスター」(3%)がランクイン!「熱帯魚」(2%)、「インコ」(2%)、「ハリネズミ」(1%)が続いた。実際に飼っているペットでは、「うさぎ」や「ハムスター」などの小動物をおさえ、水槽でコンパクトに飼える「メダカ」「金魚」「熱帯魚」が上位を占めたが、「飼ってみたい」という願望をアンケートしたところ、小動物の方が上位を占める結果となった。

■珍しいペットもたくさん!
さて、気になるのは「実際に飼っているペット」で「その他」(5%)を選択した人たちの回答だ。どのような動物がラインナップされているのか調査結果を紐解いてチェックしてみた。

すると、「モモンガ」と回答した人が5人もいることが判明。「モモンガを飼っていましたが、慣れてくると肩に乗ったりするのが可愛かったです」というエピソードも寄せられ、つぶらな瞳と愛らしい動きで近年人気が上昇している小動物だけあって、愛好家がいるのも頷ける。

そのほか、「チンチラ」「シマリス」「ニワトリ」などなど。中には「クワガタ」「いもり」「エビ」「カタツムリ」など、自分で捕獲したであろう生物も見受けられた。捕獲してきた昆虫類をそのまま自宅で飼育する方法も、常識的の範囲であればアリだろう。

■ペットたちののかわいいエピソードがいっぱい!
最後は、飼っているペットのかわいいエピソードについて尋ねたところ、だれかれかまわず自慢したくなる愛情たっぷりのエピソードがたくさん集まった!なかには「盗み食い」している姿もかわいくて自慢しちゃう親バカな投稿もあり、回答欄は多いに賑わった。一部を抜粋して紹介しよう。

犬猫のエピソードを抜粋。かわいすぎて川柳を詠んじゃう人も!
「新入り猫たちに遠慮していつも甘えるのを我慢している先住猫がトイレに付いてきて、珍しく甘えて膝に乗ろうとして来たこと」
「床に座ると体を付けてくるところ」
「帰ってきたら階段の所まで迎えに来てくれて、しっぽを振ってくるところ」
「もう15才になる老犬ですが、散歩に出掛ける時は、走り回ります」
「『何となく 気配で分かれば ニャンとなく』と、川柳を作るほど勘が良く可愛さ抜群です」
「仕事に行って忘れ物をしたのに気がつき、慌てて帰って来て玄関の扉を開けたら、テーブルの上のおかずを食べていたワンコと目が合った時。私を見つつ固まっていた」

鳥たちもかわいいところがたくさん!
「鳥の小さな体に似合わぬ大きな声で鳴いて自己主張するところが、うるさいけれどかわいらしい」
「えさを催促されると求められている感じがする」
「手の中で寝てしまわれると、愛情が高まる」
「2羽飼っているのですが、仲良くくっついているところや、歌を歌ったり、背中に顔を乗せて寝てるところが可愛い。緑と赤のクリスマスカラーなのも可愛い」
「撫でられてうっとりしているところ。他の鳥ちゃんを撫でていると、ヤキモチ焼くところ」
「インコをTシャツの中に入れていると温かく可愛い」
「オカメインコは自己主張して籠から出して欲しい時には鳴いてアピールしたり、キョトンとした時の表情がなんとも言えない」
「インコを育てていて家族の名前を教えた。いつも呼びかけてくれるので癒やされる」

メダカや熱帯魚は眺めるだけで癒やされる
「メダカにえさをやると、競争して食べに来るところがかわいい」
「エサを持って近づくと寄ってきてくれます」

「飼っているペットのかわいいエピソードは?」の質問は自由回答だったにも関わらず、多くの人が回答欄にエピソードを記入をしてくれた。それだけでもペットに対する愛情が伝わってくるが、その回答内容を見てみると、誰もが「うちのペットが一番!」と思っていることがヒシヒシと伝わってくる愛情深い内容となっていた。

ペットと人間の関係性は、人間がペットを可愛がっているつもりが、いつの間にか逆転して、幸せにしてもらっているのは人間の方なのかもしれないと思えるアンケート結果となった。みなさんも、我が家のペットのかわいいエピソードを思い浮かべる時、とても幸せな表情になっているのではないだろうか?