5月20日、日産自動車が、新型軽の電気自動車の発表披露会を開催。同社執行役副社長の星野朝子氏が登壇し、「日産サクラ」(2022年夏発売)を初公開した。

同イベントで星野氏は、「(新型車を発表するこの日は)歴史に必ず刻まれる1日になると思います」とアピール。「日産サクラ」を公開し、「日本をさらに美しくするために生まれてきた、CO2を一切出さない、日本専用のモデルです。『サクラ』は、電気自動車の時代を美しく彩り、日本を代表するものになってほしいという想いのもと、従業員からの公募で決定した名前です」と紹介した。

また、同車の特徴について「シックで先進的なデザインを身にまとっているのですが、ポイントは、走行性能と電気自動車ならではの静粛性。さらに電気自動車なので、より広い室内空間を担保できるところ。電気自動車がどんな楽しい走りを提供しているのか、『サクラ』を乗れば分かっていただけると思うので、一人でも多くの方に試乗していただきたいです」とコメント。

同社チーフ・ビークル・エンジニアの坂幸真氏も、“充実の運転支援装備”として、軽自動車で初搭載(日産2022年5月調べ)の先進運転支援技術「プロパイロットパーキング」(スイッチ操作だけで駐車時に必要な操作システムを制御し、駐車を支援する技術)などについて紹介した。

ちなみに、日産サクラの新CMには、「チャーミングでイメージにぴったり」という、俳優の松たか子を起用。松は「軽やかなのに力強い走りで、これは本当に軽自動車なのかと驚きました。充電もとても簡単で手軽にできる。デザインも細やかな心配りがされていて感動しました」とのコメントを寄せ、(アクセルペダルの操作だけで減速を行い、ブレーキペダルへ踏み変える頻度を大幅に減らすことができる)e-Pedal Stepの機能を試し、「びっくりしました。面白がってもらえたらいいですね」と笑顔を見せた。