新型コロナウイルスの感染再拡大も取りざたされる中、来月にはお盆とそれに伴う帰省シーズンが控えている。昨年は東京オリンピック・パラリンピック開催に付随し夏の祝日が移動するなどの違いがあったが、今年のお盆休みの動向はどう変わっていくのか。ウォーカープラス編集部では読者を対象にアンケート調査を実施し、今年の夏休みの予定や、コロナ禍の中での意識の変化を追った。(アンケート期間:2022年7月6日〜12日、回答者数:1551人。2021年の結果はアンケート期間:2021年6月18日〜24日、回答者数:1695人。いずれもウォーカープラス調べ)

■宿泊ありの外出予定は3割程度、昨年から引き続き遠出は消極傾向
まずは回答者全員を対象に、例年の夏休みの動向と、昨年の振り返りと今年の予定を訊いた。
「例年(コロナ禍前を含む)の夏休みは旅行・おでかけをしていた?」と質問したところ、「毎年どこかに旅行・おでかけをしていた」が47%と半数近く、「2〜3年に1回は旅行・おでかけをしていた」(17%)、「5年に1回は旅行・おでかけをしていた」(2%)を含めると6割強の人が数年に1度は夏に遠出をしていたと回答した。

一方、昨年の動向を追うと、宿泊を伴う旅行・おでかけをした人は「国内(県外)」(20%)、「国内(県内)」(4%)、「海外」(0%)と約4分の1程度に留まり、日帰りでも「旅行・おでかけはしなかった」人が47%となった。

その上で「今年の夏休みはどうする?」と訊くと、「国内旅行の予定を立てている(県外)」(22%)、「国内旅行の予定を立てている(県内)」(4%)、「海外旅行の予定を立てている」(0%)と宿泊ありのおでかけについては2021年の動向とほぼ同様の結果に。「帰省する予定を立てている」(7%)を合わせても3割程度に留まり、今夏も遠出に関しては積極的ではない傾向が続きそうだ。


■“夏は巣ごもり”の人はどう過ごす?半数弱が「映像鑑賞」
また、この夏に旅行や遠出をしないと答えた263人を対象に「旅行やおでかけをしない理由は?」(※複数回答可)と質問。もっとも多かったのは「新型コロナウイルス感染拡大防止のため」(52%)である一方、「どこも混雑しているため」(50%)もほぼ半数以上が回答。

2021年のアンケートでは「新型コロナウイルス感染拡大防止のため」は81%、「どこも混雑しているため」は26%で、感染症への懸念による出控えは大きく減少した一方で、単純に人ごみそのものを避けたいという人の声が多くなったことがうかがえる。

また、こうした人たちはお盆の時期をどのように過ごそうと考えているのだろうか。「どのようにして過ごす?」(※複数回答可)という項目では、「映画・ドラマ・アニメ作品の鑑賞」(46%)、「特に何もせず休養をとる」(38%)、「外食や買い物」(33%)が上位回答となった。正月やGWといった長期休暇でウォーカープラスが同様に実施したアンケートでも映像作品の鑑賞が余暇の過ごし方として常に上位となっており、その傾向は夏休みも変わらない結果となった。

■おでかけ先、「花火大会」を制してトップ人気は「温泉」
夏のおでかけとひと口に言っても、海や花火、夏祭りといった夏ならではの行事や、まとまった休みで行きたい施設など千差万別。この夏は出かけないと回答した人も含め、夏におでかけしたいと思うイベントやスポットについても質問(※複数回答可)した。

アンケート項目の中で、もっとも多かったのは「温泉」(43%)。昨年に引き続きの最多回答で、心身ともにリラックスできる温泉の魅力の高さがうかがえる。次点以降は「花火大会」(42%)、「夏祭り」(32%)が上位回答で、夏の風物詩を楽しみたいと考える人はやはり少なくないようだ。

その他の項目では昨年の調査から大きな変化こそないものの、「テーマパーク・遊園地」(21%)は2021年の(31%)から10ポイント減少。また、夏のレジャーである「海」(21%)は昨年の25%から4ポイントながら微減という結果となった。

■ワクチンを過信せずも…コロナ禍でのおでかけ、6割以上が「対策すればしてもいい」
コロナ禍の夏も3年目を迎えた中で、おでかけに対する意識についても調査。「コロナ禍におけるおでかけについてどう考える?」(※複数回答可)と訊いたところ、65%の人が「感染症対策をすれば旅行やおでかけをしてもいい」と回答。昨年の同調査では48%だったことから、コロナ禍に折り合いをつけた上で外出をしようと考える傾向が強まった様子だ。

また、ワクチン接種については「ワクチンを3回接種していれば旅行やおでかけをしてもいい」が32%で、「2回接種」(5%)、「1回接種」(2%)と回答した人を合わせても4割に満たなかった。オミクロン株などの拡大もあり、ワクチンを接種したからといってもその効果を過信しない人が多いことが読み取れる。

さらに、「感染症対策をしても旅行やおでかけはするべきではない」(6%)と、コロナ禍での外出そのものに消極的な回答は1割を下回った。こちらは2021年のアンケートでは16%という結果で、昨年からコロナ禍でのおでかけに否定的な意見は減少しているといえそうだ。

一方、夏休みの予定ではワクチン接種が本格化し始めた昨年と大きな差は読み取れず、旅行などの遠出への意識の変化が行動に反映されるまでには至らないようだ。