昨今、気軽にキャンプを始められる環境がそろったことはうれしいが、未経験者やビギナーのなかには、「未知の世界すぎて、何をどうすればいいのかわからない…」なんていう状態に陥っている人も多いのではないだろうか。

そこで、チャンネル登録者数33万人超えの人気キャンプYouTuberのFUKUさんが、自身のチャンネルなどでもおすすめしている“使ってみてよかったキャンプギア”を、悩めるキャンプビギナーの要望や質問に答えてピックアップしてくれた!

■テント同様に必須アイテム!寝袋やマットなどの快眠ギア
キャンプの経験は小学生の時に1回だけ。さらに、もはやその記憶すらも曖昧というキャンプ初心者のライターNがFUKUさんに質問!念願のキャンプデビューをするためにFUKUさんにいろいろ教えてもらいながら、まずはテントを購入したN。ほかにどんなギアを用意したらいいのか、話を聞いた。

―― 先日、ついにソロ用のコンパクトなテントを購入しました!ほかにはどんなギアが必要ですか?

【FUKUさん】テントのほかに必ず用意したいものは、寝る時に必要なシュラフ(寝袋)とマット。+αとして、夜過ごすのに必要なランタンですね。

―― ランタンは照明として必要そうですが、シュラフとマットはかさばるイメージで荷物が増えてしまうような気がします。暖かい時期であればタオルケットなどをかけてゴロ寝してもいいかなと思っていました。時期により省いてもいいですか?

【FUKUさん】とんでもない!大概のキャンプ場は夜から早朝にかけて冷え込むので、寝具類は必須アイテムですよ。寒くて体調をくずしてしまったら元も子もありません。それにテントを設営できる場所も芝生の上など快適な環境ばかりではないので、さまざまな状況で寝ることに慣れていないビギナーさんにこそ、マットは用意してもらいたいです。地面からの冷気も遮断してくれますしね。

―― そんなに重要なアイテムだったとは…!具体的にはどんなシュラフやマットを購入したらいいですか?

【FUKUさん】Nさんも購入したコンパクトなテントでのソロキャンプを想定し、私自身が使ってみて納得した“高機能なのにリーズナブルな高コスパギア”を提案したいと思います。

シュラフやマットに限らず、キャンプギア全般に言えることなんですが、キャンプを行う時期によって用意するギアは変わってきます。キャンプデビューするなら、初心者にとってはハードルが高い冬よりも、比較的スムーズにデビューできそうな春から秋までに行っておきたいところ。今回はそんな意図も込めて、春夏秋の3シーズン向けギアからチョイスしました。

■キャンプに欠かせない寝具、シュラフの形状と特徴
シュラフは袋状になった携帯寝具の総称で、形状で大きく分けるとマミー型と封筒型の2種類がある。マミー型は「ミイラ」を意味する英語の「Mummy(マミー)」が由来。足元に向けてシルエットが細くなっているなど身体に沿ったデザインで、密着性と保温性も高く、全身を包まれている姿がミイラを思わせることから名付けられた。封筒型はその名の通り1枚の布団を折り畳んだような長方形で、中に入ったときの自由度はマミー型より高く寝返りもしやすい。

ソロキャンプに適しているのは、「よりコンパクトな形状で寝られるマミー型」とFUKUさん。その保温性の高さから暑い時期には不向きとも思えるが、使用していて暑いと感じたらファスナーを開けて通気性を確保したり掛け布団のようにしたりと、工夫しながら温度調節するのも手。まずはマミー型を入手するのがおすすめだ。

「ブランドや価格などを問わず、国内外メーカーでいろいろ試してみた中で一番のおすすめ!」とFUKUさんが推すのは、ワークマンのシュラフだ。

■軽くて温かくて安い!コスパ最高シュラフ
■ワークマン フュージョンダウンシュラフ(7800円)
2020年にヒットしたワークマンのダウンジャケットでも用いられた、同社独自開発の“フュージョンダウン”採用のマミー型シュラフ。フュージョンダウンとは天然ダウンと吸湿発熱綿を組み合わせたハイブリッドダウンのことで、優れた保温性を持つ。

他メーカー品の特長を研究したうえで、「フュージョンダウンの素材でシュラフを作ったらいい商品になりそう」といった消費者などの要望を反映して開発された、FUKUさん曰く“いいところ取りのギア”で、「安いのに大手メーカーのギアにも引けを取らない機能を備えた、高コスパギアです」とFUKUさん。総重量を約1キロに抑えた軽量タイプなのも人気の理由だ。

「耐久撥水加工もされていますので、水をはじきやすく、汚れも落ちやすい。しかも丸ごと洗濯できるので、取り扱いに不慣れな初心者も安心して使用できます。多機能性と使いやすさはベテランキャンパーたちにも人気で、“安かろう悪かろう”を覆す、安くても良品なギアだと思います」(FUKUさん)

また今秋には、中綿の構成を変更したマイナーチェンジ版が「フュージョンダウン+シュラフ」として販売されるほか、フュージョンダウンシュラフの1200グラムバージョンなど、いくつかのフュージョンダウンシュラフが新登場すると教えてくれたFUKUさん。「冬キャンプにも使用できそうなものもあり、ますます高コスパギアがそろいますね」と続けた。

■マットは寝心地をよくしてくれる優れもの
「次にマット類を紹介します。ギアとしては“コット”という簡易ベッドもありますが、今回はコンパクトなマットのみにしぼってチョイスしています」(FUKUさん)

マットの種類は主に、単純構造の軽量タイプで持ち運びしやすいスポンジマット「クローズドセルマット」、エアポンプなどで空気を入れて膨らませるタイプのマット「エアマット」、前出のスポンジマットとエアマットを組み合わせたようなタイプで寝心地と携帯性のバランスがいい「インフレーターマット」の3タイプに分かれる。

「一番のおすすめは、クローズドセルマットタイプの『THERMAREST(サーマレスト) Zライトソル』です」(FUKUさん)。重量410グラムと超軽量で、厚さ2センチながら上質な寝心地と断熱性を高めた3シーズン用モデルで、「世界的にも人気で間違いなく良品なのですが、今は少し品薄気味なのが残念」(FUKUさん)

■必須で購入しないと困る、+αギア
「最後は持っていないと夜が過ごせない、照明器具・ランタンも紹介しておきます。災害時にも活躍しそうな便利アイテムです」(FUKUさん)

今回おすすめしてくれたのは、「初心者にも扱いやすく、今の主流でもあるLEDタイプのランタン」とFUKUさん。メリットは明るくてコンパクトなこと。ほとんどの商品が充電タイプで、1〜2日程度のキャンプならば追加充電不要な商品ばかりだ。

「個人的には炎のゆらぎの雰囲気がいいオイルランタンも大好きなので、LEDランタンと併用して楽しんでいます」(FUKUさん)。ただしオイルランタンなどの燃焼系ランタンは、燃料によって扱いも大きく変わってくるので、少しキャンプに慣れてから使用する方がいいそうだ。

「LEDランタンで一番おすすめしたいのは、手のひらサイズのコンパクトさでも明るくて、連続点灯時間も長いと、機能性に優れた『Goal Zero Lighthouse Micro(コールゼロ ライトハウス マイクロ)』です」(FUKUさん)

コンパクトなLEDランタンの代名詞的存在で、2つの点灯モードを備えた超人気商品。いくつかバリエーションがあるが、懐中電灯のように使えるフラッシュライトを上部に搭載した『Lighthouse Micro Flash(フラッシュ)』と、非搭載の『Lighthouse Micro』がおすすめ。「すごく雰囲気のある明るさが気に入っています。フラッシュに搭載された懐中電灯モードはトイレなどに行く際にも便利なんですが、どちらも人気のため品薄状態が続いていて…」と残念そうなFUKUさん。同様におすすめのギアとして、次のランタンを紹介してくれた。

■コンパクトサイズでも文句なく明るいLEDランタン
■CLAYMORE(クレイモア) ULTRA+(Sサイズ、6480円)
充電式のモバイルLEDランタンで、連続点灯時間は昼光色モードで最大50時間。「こちらはかなり明るいランタンです。Sサイズのほか、MサイズやLサイズもあり、後に数人でキャンプに行く予定があるなら、大きめサイズを購入するのもよさそうですね」(FUKUさん)

―― すごく明るそうです!1台は持っていると便利そうですね。最後にキャンプギア購入を迷っているキャンプ初心者にひと言お願いします。

【FUKUさん】初めてのギア選びは、BBQなどの調理器具やテントといった一般的に直ぐ思いつくようなアイテムばかり気にかけてしまいがちですが、シュラフなどの寝具こそしっかりと選んでしっかり休息することも大事。快眠できたら体調も万全で、次の日もキャンプが存分に楽しめると、いいこと尽くしですよ。

今回のギアはどれも使い勝手のいい高コスパなものばかりですが、好みや用途、使用感なども人それぞれで千差万別。自分好みのものを見つけるきっかけになれば幸いです。

―― ありがとうございました。キャンプギア選びは奥が深くて、とことん突き詰めてしまいたくなりました。またいろいろと教えてください!

キャンプギアの価値を機能や金額という単純なものではなく、ギア自体からロマンや魅力を感じるか否かという部分に見出し、自分なりの価値観を大切にしているFUKUさん。気になるキャンプギアがある人は、FUKUさんのレビュー動画を参考にしてみると、より愛情の湧くギアに出合えるかも!


※記事中で紹介している商品は売り切れとなっている場合があります。また、販売価格は記事中と異なる場合があります。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。