アークランドサービスホールディングス株式会社の子会社で、海外の本場の味を日本で展開する株式会社ミールワークスは、タイ・バンコクに本店をもつ「マンゴツリー」の姉妹店で本格タイ料理をファストフードのようにカジュアルに楽しめるイートイン&テイクアウトショップ「マンゴツリーキッチン」にて、2023年9月1日から9月30日(土)の期間限定で「タイのつけ麺“カノムチーン” 〜鶏のグリーンカレー&トマトと豚挽き肉のハーブスープ〜」を販売している。

■タイのつけ麺“カノムチーン” 〜鶏のグリーンカレー&トマトと豚挽き肉のハーブスープ〜(1100円)
米粉を発酵させた細麺“カノムチーン”をスープとともに食べるタイの伝統的なメニュー。食感が似ているそうめんを使用しており、地域によって味付けの異なるスープは人気の2種を用意。

・ナムギョウ
タイ北部の名物で、唐辛子やレモングラス、カー(タイ生姜)、花の雄しべを乾燥させた“ドッグニュー”、東南アジアで使われる大豆の発酵食品“トゥア ナオ”などを入れて作ったスープにトマトや豚肉を入れたもの。タイ料理らしい香りと程よい辛さ、酸味を楽しめる。

・ゲーン キョウワン ガイ
タイの定番「グリーンカレー」。青唐辛子の刺激的で爽やかな辛さ、ココナッツミルクのまろやかさ、バイマックル(こぶみかんの葉)、レモングラス、カー(タイ生姜)、クラチャイ、ホラパーなどタイハーブの香りが広がる。

販売期間:2023年9月1日〜9月30日(土)
販売店舗:マンゴツリーキッチン(東京駅グランスタ・グランスタ丸の内・横浜ジョイナス・グランフロント大阪・カオマンガイキッチン エキュート大宮、マンゴツリーカフェEXPOCITY)

今回の限定メニューについて担当者に話を聞いてみた。

「(今回の限定メニューの意図や狙いは?)まだまだ暑さの厳しい9月、夏バテで疲れた体に効くメニューを召し上がっていただきたい、という意図で販売します。カレーと食べやすいそうめんでさっぱりと召し上がりいただけます」

「(今回の限定メニューのイチオシのポイントは?)さまざまな種類のハーブがたっぷり入ったスープ、そして1種類ではなく2種類のスープを食べられる点がイチオシです」

「(今回の限定メニューのアイデアはどのようにして生まれた?また、実現に向けて苦労した点は?)タイ各地で昔から食べられている“カノムチーン”は日本のそうめんと似た食感で、地方によって異なる味わいのスープで食べます。2種類のスープを両方食べられるようにすることで、最後まで飽きずに食べられ、満足度の高い商品になったと思います」

「(ユーザーへのメッセージは?)特に『ナムギョウ』のほうは、なかなか食べる機会がないかと思いますが、タイ北部ではよく食べられている料理です。マンゴツリーキッチンで、タイならではの味わいをお楽しみください」

■mango tree(マンゴツリー)とは
タイ・バンコクに1994年に創業し、ロンドン、日本、ドバイ、香港と世界各国に展開するタイ料理レストラン。ロンドンに続き、2002年に世界3号店として東京店がオープン。“Authentic Thai Cuisine”をテーマに、日本の厳選された食材とタイのハーブやスパイス、伝統的な調理法を融合した料理を、洗練された空間とサービスとともに提供する。「マンゴツリー東京」は、タイ国商務省の審査で5つ星にあたると評価されたレストランに与えられる“THAI SELECT Signature”(タイ・セレクト・シグネチャー)を取得している。

姉妹店として、タイ伝統の味をカジュアルに提供するカフェレストラン「マンゴツリーカフェ」(新宿・恵比寿・東京ドームシティラクーア・豊洲・北千住・横浜・川崎・大宮・さいたま西大宮・浦和芝原・大阪・EXPOCITY)、家庭でもタイの伝統料理を楽しめるテイクアウト専門店「マンゴツリーデリ」(伊勢丹新宿本店)、テイクアウトにイートインスペースをプラスした「マンゴツリーキッチン」(東京駅グランスタ・グランスタ丸の内・横浜ジョイナス・エキュート大宮(カオマンガイキッチン)・グランフロント大阪)、フードコート「マンゴツリーキッチンららぽーと横浜」と、「mango tree」の世界は広がり続けている。

※記事内の価格は特に記載がない場合はサービス料・税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。