静岡のグルメ文化に新たな風が。ステーキ店が新形態のお店を静岡・藤枝市にオープン。ユッケの丼や和牛のチャーシューが食べられます。

ステーキハウスがリニューアル

藤枝市役所から東に約1.5kmのところに、噂の食べ物を提供するお店「牛めし 成しま」があります。

入ってみると券売機がありました。いろいろなお肉のメニューがあります。

牛めし 成しま・田島瑠理弥さん:
前に「ステーキハウス成しま」という名前でやっていましたが、リニューアルして新しくなったばかりです

静岡市で2軒、島田市で1軒のステーキハウスを展開する「成しま」が業態を変えた新店舗でした。

よりリーズナブルな値段でおいしい和牛を楽しんで欲しいと、藤枝店を牛めし専門店にして2023年11月にリニューアルオープン。

ローストビーフ重や、ハンバーグ丼など様々な和牛のメニューがあります。

まるで生肉 火は通っている「ユッケバーグ」

今回注目したのは1日3食限定の「和牛ランプ ユッケバーグ(1480円)」です。

すぐに売り切れてしまうメニューで、早い時では昼前に売り切れることも。

出てきたのは真っ赤なお肉がのった丼。生卵が別で付いてきます。

そのビジュアルがSNS映えすると注目され、開店前からお客さんが並び、開店と同時に販売終了なんて日もある、超が付く人気メニューです。

ただ、こんなに真っ赤ですが、生肉ではないんです。

牛めし 成しま・田島さん:
生ではなくて、低温調理されているお肉です

和牛の希少部位を低温調理し、生のようだけど生じゃない。しっとりとした食感を楽しめる、お肉を扱う専門店ならではの一品です。

食べ方は真ん中に卵の黄身だけをのせて、特製の甘辛ユッケダレをかけ、全体をよく混ぜます。

しっとり柔らかいお肉、至福の時間の到来です。

希少部位をユッケ風に食べるという、なんとも貴重な体験が話題となっています。

使っているのは黒毛和牛のランプ肉です。牛の腰からお尻にかけての部位で、高級なサーロインからつながっている部分です。

濃厚で肉肉しい味わいが特徴の人気の部位なのですが、すごく希少なため、限定販売となってしまいます。

看板商品「黒毛和牛の牛めし」

注目メニューはこれだけじゃないんです。

お重で出てくる「黒毛和牛の牛めし(980円)」は、ふたを開けると一面に敷かれた和牛のチャーシューが。

牛めし 成しまの一番人気メニューが、黒毛和牛の牛めしです。「牛めし」といっても、他とは違う独特な見た目です。

テレビ静岡・小倉彩瑛アナウンサー:
うま味が強い。しっかりと柔らかさはあるんですけど、歯ごたえもありますね。かむたびにうま味があふれます

かわいいユニホームにも注目

店員さんが着ているユニホームもチェック。

胸元に和牛LOVEと書いてあって、背中は丼ぶりから和牛が出てくるデザインでした。

お肉好きの人は大集合! 和牛をリーズナブルに新感覚で食べられる注目のお店「牛めし 成しま」でした。

■店名 牛めし 成しま
■住所 静岡県藤枝市立花2-1-8
■営業時間 11:00〜14:00
■定休 無休
■問合せ  054-646-4129