浜松市中央区の舘山寺に、うなぎを丸々使ったハンバーガーを提供するお店ができました。重箱に入って出てくる浜名湖特産のうなぎとハンバーガーの意外な組み合わせは想像以上でした。

地産地消のハンバーガー店

浜名湖のほとりにある舘山寺。うなぎやフグ、ハモなどおいしいものがたくさんあります。

2023年、この舘山寺に驚きのニューグルメが誕生し、早くも観光客の話題をさらっているとのこと。

早速、そのニューグルメを提供しているお店へ向かいました。


2軒の元土産物店を改修した商業施設「ハマナコエンジン」の中に「PLANT BURGER HOUSE(プラントバーガーハウス)」があります。

オーナーの銀島壮志さんに聞きました。

プラントバーガーハウス・銀島壮志さん:
浜松の食材にこだわったハンバーガー屋をやっています

地産地消のバーガー店。いったいどんなメニューがあるのでしょうか。

高さ約15cmの定番バーガー

まずは、お店の定番メニューから調査します。

人気ナンバーワンの「ダブルチーズバーガー(1650円)」は口を大きく開けないと入りきらないほどのサイズです。

ぎゅっとつぶして、かぶり付いてください。

テレビ静岡・小倉彩瑛アナウンサー:
お肉がジューシーでおいしい。口に入れた瞬間、ジュワーっと肉汁があふれ出てきますね

小倉彩瑛アナウンサー

プラントバーガーハウス・銀島さん:
国産牛を100%使っています。豚肉との合い挽きじゃないので、肉々しさがあります

ガッツリ肉を感じられるハンバーガー。バンズは外がカリッ、中はふわっとしています。

浜松市内のパン店から仕入れ、試食した時にすごぐこれを使いたいと思ったというバンズは、提供する前に一回トースターで焼いているそうで、客からもパンがおいしいと好評です。

そのほか、レタスやトマトも浜松産。できる限り地産地消を心がけています。

人気バーガーはおいしかったのですが、ますます新名物が気になってきました。

うなぎを丸々「うな重バーガー 大特上」

観光客からも注目。舘山寺の新名物バーガーは「うな重バーガー大特上(2980円)」です。

重箱に入って出てきたバーガーは、うなぎがはみ出ていました。

長さ30cmを越えるうなぎを、丸々1匹豪快に使い、ハンバーガーの定番具材、トマト・レタス・パテの上にドーンと重ねた、唯一無二のハンバーガーなんです。

どうやって食べたらいいのか、とまどってしまいます。

多くのお客さんがまず両サイドを切って、うなぎだけで楽しんでいるそうです。

両端をナイフとフォークで切って、まずはうなぎ本来の味を楽しみました。

ふっくらとしていて、間違いないおいしさです。つづいてバーガーを食べてみます。

小倉アナ:
想像以上にハンバーガーとうなぎは合う。うなぎはお肉とパンともこんな合うんですね。感覚的にはお魚のハンバーガーに似ていますが、味の深みが全然違いますね

銀島さん:
お客さんがみんな「初めて食べた味」と言います。ふわふわ感が出るように工夫しました

うなぎの新たな一面を発見できました。発掘者になった気分です。

舘山寺を盛り上げようと商品開発

そもそもなぜ、銀島さんはうなぎバーガー作ろうと思ったのでしょうか

銀島さん:
舘山寺を盛り上げようというプロジェクトで、インスタ映えする商品を開発したいと思いたどり着きました。この舘山寺から、もっともっと浜松を盛り上げていきたいと思います

開発時は「やっちゃえ!」と思い切った新名物のうな重バーガーですが、SNSでは食べた客が「してやられた!」と投稿。思惑通り話題になり「してやった感」を感じている銀島さんです。

浜松舘山寺の新名物はうなぎ一匹、丸々使ったうな重バーガーで、舘山寺を盛り上げたいという思いがこもったハンバーガーでした。

■店名 PLANT BURGER HOUSE(プラントバーガーハウス)
■住所 浜松市中央区舘山寺町2251-3 ハマナコエンジン内
■営業時間 土・日・祝日 11:30〜14:30
■定休 平日