2020/08/14 05:40 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本から東海、関東は厳しい猛暑
・ゲリラ豪雨のエリアは縮小
・北日本は次第に雨が降り出す


今日14日(金)も暑さをもたらす太平洋高気圧が勢力を強めます。西日本から東海、関東にかけては暑さが厳しく、特に東海や近畿では体温を上回る猛暑となる予想です。

北日本は低気圧や前線の接近に伴い、次第に雨が降り出します。

西日本から東海、関東は厳しい猛暑

太平洋高気圧が勢力を強め、西日本から東海、関東は晴れて厳しい暑さが続きます。

一段と厳しい猛暑になるところがあり、特に東海や近畿では各地で37℃前後と、体温を上回るような暑さになる見込みです。外ではもちろん、室内でも、しっかりと熱中症対策を行ってください。

<今日の予想最高気温>
37℃:甲府、岐阜、京都、高松 など

ゲリラ豪雨のエリアは縮小

高気圧が勢力を強めることと、上空の気圧の谷が抜けることで、昨日に比べると、大気の不安定な状態は解消する予想です。

そのため、ゲリラ豪雨が発生するエリアは山沿いが中心となり、東京都心などの市街地では発生の可能性が低いと見ています。

北日本は次第に雨が降り出す

西から近づく低気圧や前線の影響で、北海道や東北北部の天気は下り坂です。早いところでは昼頃から雨が降り出します。夕方から夜にかけて本降りの雨になるので、外出時は傘が必須です。

気温はあまり上がらず、長袖が必要なところが多くなります。