2017/07/19 06:40 ウェザーニュース

梅雨明けの便りが届き始め、季節は本格的な夏へと移り変わります。
そんな今の時期によく見かけるのが、梅の土用干し。
美味しい梅干しになるための大事な工程です!

土用干し

19日からは雑節の一つ「土用」が始まります。土用と言うと夏を思い浮かべますが、立春・立夏・立秋・立冬の前までの18日〜19日を土用としており、実は1年に4回あるのです。

その中でも、太陽高度が高く、日照時間が長い夏の土用は、昔から土用干しまたは虫干しというものが行われていました。洋服や本の他に、梅もこの時期に干されます。

干すメリットって?

梅を干すことで、以下の様なメリットがあると言われています。

・保存性
梅雨の間は梅酢に浸かり、たくさん水分を含んでいた梅たちも、天日干しをするとシワシワに。
十分に水分が抜けると、腐りにくくなるので保存性が高くなります。

・実の柔らかさ
梅に含まれる「エチレン」という植物ホルモンは、果実を成熟させる働きがあります。
紫外線に当たるとエチレンが増加する傾向にあり、梅干しが柔らかく仕上がるそうです。

・旨味UP
梅に限らず、野菜や魚も天日干しをされることがありますが、太陽の光をたくさん浴びることで、旨味が増します。

・殺菌
太陽光には殺菌効果やカビの繁殖を防ぐ効果があります。

夏の食卓に

梅酒やシロップ漬けも良いですが、栄養がギュッと詰まっており、保存性も高くなった梅干しは、これからの季節にぴったり!
太陽の力でさらにおいしくなった梅干しをぜひ食卓に取り入れてみてください。

参考資料など

【参照・参考元】
一般社団法人 日本植物生理学会「梅干と紫外線の関係」https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=968
黒松千年屋株式会社「私たちのこだわり」http://www.umeboshi.co.jp/html/concept.html
無印良品「夏に向かって ―干し野菜―」https://www.muji.net/lab/food/110511.html
株式会エフシージー総合研究所 比べる×調べる「天日干しの殺菌効果」 http://www.fcg-r.co.jp/compare/enviro_140214.html