2017/07/15 18:22 ウェザーニュース

3連休初日の今日は、梅雨前線の活動が弱まり、北海道から沖縄県の広範囲で晴れてお出かけ日和に。昼間は各地でうだるような暑さとなりました。

連休2日目の明日も、各地で汗が吹き出る様な暑さとなる所が多くなります。
東・西日本では山沿いほど急な雨の心配があり、北日本や北陸では強まる雨や雷雨に注意が必要です。

詳しい天気解説

屋内外問わず熱中症対策を

太平洋に中心を持つ高気圧圏内となって、東日本や西日本を中心に、日差しが暑さを後押しします。この時期としては高い気温となるところが多く、各地で朝晩は20℃、昼間も30℃を越える容赦の無い暑さとなりそうです。

小まめに水分補給を行ったり適度に冷房を使用するなど、屋内外問わず熱中症対策をしっかりと行ってください。

東・西日本や沖縄県はお出かけOK

北陸を除く東日本や西日本、沖縄県では日差しが届き、お出かけOK。
ただ、関東甲信エリアや西日本山沿いでは、雨雲が発生しやすくなります。モクモクと発達した雲が広がってきたら、突然の雨や雷雨に注意してください。

北陸では午前から雨が降りやすく、午後ほど強まる雨に注意が必要です。

北日本のお出かけは傘が必須
東北日本海側ほど強雨に注意

北日本は、大陸から伸びる前線や低気圧の影響で、午前中から所々で雨が降ったり止んだり。
特に日本海側ほど雨の降り方が強まったり雷雨となる可能性があり、中でも東北日本海側ではまとまった雨が降って道路冠水や河川増水の恐れがあります。

雨の降り方に注意して、お出かけをする際は大きな傘をお持ちください。