2017/07/16 19:01 ウェザーニュース

昨日までは記録的な猛暑が続いていた北海道は前線や低気圧の影響で、今日16日(日)は記録的な激しい雨となりました。

小樽市で観測史上1位を更新する50.5mm/hの雨が降ったほか、佐呂間町や上川町など6地点で観測史上1位、10地点で7月として史上1位の雨を記録。旭川市でも7月2位の48.5mm/h、札幌は26.5mmを観測しました。

各地で道路冠水が発生

一連の激しい雨で道路の排水が追いつかず、札幌市や旭川市、小樽市など各地で道路冠水が相次いぎました。また、JR各線でも雨の規制値を超えたため運転見合わせや徐行運転の措置が取られ、大きな影響が発生しています。

明日以降の雨は?

今夜までには道内各地で雨のピークを過ぎますが、明日17日(月)も低気圧の影響が残り、雨の降りやすい天気が続きます。今日のように激しく降ることはなさそうです。
ただ、次の週末に再び強い雨の恐れがありますので注意が必要です。