2017/07/17 11:24 ウェザーニュース

「西側の空に朝から空を隔てるような雲が停滞しています。ずっと同じ場所から動いていない感じです。ムシっと暑いですが西風が心地よく吹いています。」

ベタッとして動かない不穏な雲が宮城県栗原市で見られています。
むむむ。何の雲でしょう?

この雲を上空から見てみると、

これだ!

奥羽山脈上に「のし棒」のように伸びている雲です。縦の長さは、栗駒山から蔵王山くらいまでで、大体100kmほど。

日本海から流れ込んでいる湿った空気は上空1000m程度までしかなく、それが山を越える時に出来た雲と見られます。
1500mより高い所は比較的乾燥しているため、これ以上は発達する見込みは無いようです。

気になる雲を見かけたら、衛星画像を見てみるのも面白いかもしれません!