2017/07/17 17:03 ウェザーニュース

連休明けとなる18日(火)も、引き続き暑さ対策をシッカリと行ってください。
また、朝は東北南部から北陸で激しい雨に注意が必要です。

詳しい天気解説

北海道:過ごしやすい一日

スッキリしない空ですが、暑さは控えめで過ごしやすい一日。オホーツク海側は少し肌寒くなりそうなので、長袖や薄手の上着があると安心です。

また、午前中は札幌や道南で、午後は山沿いでニワカ雨の可能性があるため、外出時は折りたたみ傘をお持ちください。

東北南部・北陸:余裕を持った通勤通学を

午前中は雨の降る所が多く、特に朝は激しい雷雨の恐れも。道路冠水や交通機関への影響に注意し、余裕を持った通勤通学がオススメです。

午後は日差しが届き、汗ばむ暑さとなります。こまめな水分補給など熱中症対策をシッカリと行ってください。

関東〜中国:暑さと雨に注意

晴れて相変わらずの蒸し暑さ。水分や塩分を摂るなど、万全の熱中症対策をしてください。

また、関東や近畿ではザッと強い雨の降ることがあります。外出時は折りたたみ傘を忘れずに。

四国・九州:暑さ対策をシッカリ

四国や九州北部は梅雨前線の影響で、午前中はザッと降る雨に要注意。ただ、前線は段々と南下。午後には日差しも届きそうです。

一方、九州南部は薄雲越しに日差しが届きます。午後は山沿いを中心にニワカ雨の可能性があるため、折りたたみ傘があると安心です。