2017/07/18 16:21 ウェザーニュース

九州北部は梅雨前線の影響で大気の状態が不安定になっており、断続的に雨が降っています。雨雲のひとつひとつは小さいですが、一部に発達したものも見られ、一時的に強い雨の降ることがありそうです。

福岡県朝倉市では降り始めから16時までの雨の量は26.0mmに達しました。1日で20mmを超える雨が降るのは7月9日以来、9日ぶりのこととなります。

雨雲の流れ込みやすい状況は今夜から明日19日(水)にかけても続く見込みです。これまでの災害で地盤が緩んでいたり、不安定になっている箇所では二次災害の恐れがありますので、復旧作業をされる場合は安全確保をしっかりと行ってください。