2017/07/20 11:34 ウェザーニュース

本日7月20日(木)、気象台より九州北部・山口の梅雨明けが発表されました。平年より1日遅く、昨年より2日遅い梅雨明けです。
この先1週間、豪雨の被災地付近の気温も35℃前後まで上がる見込みです。熱中症に注意して、直射日光の当たる屋外や空気のこもりやすい暑い場所での長時間の作業は避け、こまめな休憩や水分補給を心がけてください。

梅雨入り6/6〜7/19までの雨量の平年比

・山口県64%
(山口市54% 県内の多い所でも羅漢山84% 少ない雨量に)

・福岡県82%
(福岡市71% 朝倉市147%)

・佐賀県87%
(佐賀市78% 県内の多い所は白石町119%)

・長崎県74%
(長崎市78% 壱岐市芦辺町200%)

・大分県85%
(大分市79% 日田市123%)

・熊本県83%
(熊本市83% 県内の多い所は玉名市岱明町104%)

全体的に6〜9割程度で少雨傾向。局地的な豪雨が特徴。その雨も、6月末〜7月初めに集中しました。

今後の天気は?

週明けにかけて日差しが届き、厳しい暑さとなります。
豪雨の被災地付近の気温も35℃前後まで上がる見込みです。熱中症に注意して、直射日光の当たる屋外や空気のこもりやすい暑い場所での長時間の作業は避け、こまめな休憩や水分補給を心がけてください。

その後、26日(水)頃には雨が降る予想です。二次災害にご注意ください。

梅雨明け・梅雨入り日