2017/07/20 17:02 ウェザーニュース

21日(金)は今日以上に気温が上昇、全国の広い範囲で猛暑日の予想となっています。

非常に暖かな空気&強い日差し

上空1,500m付近で20℃前後の非常に暖かな空気が、西日本から東北、北海道の一部まで流れ込みます。
それに強い日差しが加わり今日以上に気温が上昇、全国の広い範囲で35℃を超える猛暑日に。

20日17時現在では約150地点で猛暑日になる予想で、今日の24地点はもちろん、今年最多となった9日の60地点をも大きく上回りそうです。

主な地点の予想最高気温

▶37℃
大分、鳥取、福井
▶36℃
鹿児島、熊本、佐賀、福岡、山口、甲府、福島、山形
▶35℃
高松、広島、岡山、松江、大阪、奈良、金沢、富山、長野

北海道でも北見や遠軽といった道東の内陸部、東北も福島や山形など南部の内陸部で35℃を上回り厳しい暑さとなります。

関東は気温上昇より湿気が問題?

ただ、関東は全国の中でも比較的気温が上がりません。
群馬県館林埼玉県熊谷など猛暑日を予想している所はあるものの、東京都心や横浜などは32℃の予想。
西日本の沖合をゆっくり進んでいる低気圧の影響で、海からの風が入りやすく、気温の上昇が押さえられます。

ただ、この風は湿気をたっぷり含んでいるため、気温以上に暑さを感じるかもしれません。

なにはともあれ熱中症対策を

全国的に熱中症の危険性が高い状況となりますので、しっかりと水分や塩分の補給をするとともに、外で活動を行う場合はこまめな休憩を確保しましょう。