2017/07/24 12:12 ウェザーニュース

梅雨前線が停滞する影響で新潟東北南部では活発な雨雲が通過し、局地的に強い雨が降っています。
佐渡空港では11時20分までの48時間雨量が7月として過去最大となる202.0mmを記録。解析雨量では佐渡市内で50年に一度の基準に達したと見られます。
道路冠水や河川の増水、土砂災害に注意が必要です。

最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

土砂災害危険度

きょう、9時現在の土砂災害危険度をみると、佐渡では特に土砂災害の危険度が高まっていることがわかります。


大量の水分が土中に染み込んでいますので、雨が落ち着いても土砂災害の危険は高まります。上記のような前兆がでていたら、直ちにその場から離れて避難して下さい。