2017/08/04 11:49 ウェザーニュース

4日から福島県福島市では、2日間に渡って「福島わらじまつり」が行われます。

初めて聞いたな…という方のために、わらじ祭りの由来や見所をご紹介!あわせて気になる天気もお伝えします。

わらじまつりの始まり

わらじまつりは2月に行われる「暁まいり」に由来すると言われています。
暁まいりは、信夫山(しのぶやま)にある羽黒神社に安置された仁王様のためにわらじを奉納したことが始まりです。
仁王様の足のサイズ合わせたわらじは、長さ12m、重さ2トンと規格外の大きさとなっています。
この暁まいりで奉納されるわらじは片足分で、もう片足のわらじを奉納するのが、夏のわらじまつりです。
ちょうど両足そろい、ますますの健脚を願うとともに、東北の短い夏を楽しんでほしいということから、わらじ祭りは始まったようです。

現代風の音頭に合わせて

わらじまつりは踊りが大きな見所となっています。
大わらじが町を練り歩き、奉納された後、浴衣を着た女性やハッピ姿の男性が平成わらじ音頭に合わせて「わらじおどり」を披露してくれます。

平成わらじ音頭はレゲェ調となっています。ゆっくりと、優雅に踊る音頭も良いですが、見ている方も思わず踊りたくなるような、軽快な音頭も一層お祭りを盛り上げてくれます。

他にも、わらじ音頭がヒップホップ調にアレンジされた「ダンシングそーだナイト」というものがあり、他のお祭りにはない楽しさを味わうことができます。

気になる天気は?

日差しが遠届く時間もありますが、雲優勢の空。4日(金)・5日(土)共にニワカ雨の可能性があります。特に5日(土)は、雨への備えを。

日差しが控えめの分、猛暑にはならない予想ですが、30℃を越える厳しい暑さとなるため、熱中症対策をシッカリ行ってください。

参考資料など

【参照・参考元】
福島わらじまつり公式サイト http://www.fmcnet.co.jp/waraji/index.html
一般社団法人 福島市観光コンベンション協会 こらんしょ福島「【2017年8月4・5日】第48回 福島わらじまつり」http://www.f-kankou.jp/matsuri-warajimatsuri/
一般社団法人 福島市観光コンベンション協会 こらんしょ福島「【2017年2月】信夫三山暁まいり」http://www.f-kankou.jp/【平成29年】信夫三山暁まいり