2017/07/25 05:29 ウェザーニュース

25日(火)は北陸や東北南部、西日本の日本海側などで、停滞する梅雨前線の影響による局地的な激しい雨に注意が必要です。
また、西・東日本は一年のうちで最強レベルの蒸し暑さとなります。

各地の天気

北海道:日差し強烈な一日

晴れる所が多く、各地で強い日差しが届きます。最高気温は高い所で30℃前後と、北海道の夏らしい体感です。
道北は前線の影響で一時的に雲が広がり、ニワカ雨の可能性があるため、お出かけの際は折りたたみ傘があると安心です。

東北:北部は日差しが優勢

前線から離れている北部は青空が広がります。日差しが強く、昼間の気温は30℃を超える所が多くなりそうです。
南部は雲が広がりやすく、梅雨空の一日。昨日に比べると雨のエリアは少なくなるため、折りたたみの傘があればしのげます。

北陸:局地的な激しい雨に注意

梅雨前線が停滞するため、断続的に雨が降ります。
雷を伴って短い時間に激しく降ることもあり、道路冠水や河川の急な増水の恐れも。落雷や突風などにもご注意ください。

◆現在の雨雲の様子
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

関東〜中四国:お出かけには傘が必須

雲が広がりやすく、いつ雨が降ってもおかしくない天気です。今日のお出かけには最低限、折りたたみの傘が必須となります。
関東の北部や甲信、東海北部などは雷を伴った強い雨の降る所もありそうです。
日差しが少なくても暖かく湿った空気の影響でかなりの蒸し暑さになります。体調管理も要注意です。

九州、沖縄:厳しい暑さと急な雨

九州各地は日差しの届く所が多く、強烈な日差しで気温が上昇。35℃前後まで上がりますので、暑さ対策は万全に行う必要があります。
また、雲が急発達して雷雨となる恐れも。暑さと共に雨対策も忘れないようにしてください。

沖縄も晴れたり雨が降ったり変わりやすい天気。空の変化に要注意の1日です。