2017/07/25 07:48 ウェザーニュース

梅雨前線が北陸周辺に停滞。前線に近い北陸では活発な雨雲が次々に流れ込み、断続的に強い雨が降っています。

石川県金沢市では24時間雨量が100mmを超えています。金沢市で24時間雨量が100mmを超えるのは、今月3度目です。

◆現在の雨雲の様子
※最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

25日(火)も雨が続きます。雷を伴って短い時間に激しく降ることもありますので、道路冠水や河川の急な増水の恐れも。
落雷や突風などにも注意が必要です。

現在停滞している梅雨前線は、先週末に東北地方に大雨をもたらしたもので、新潟県内でもここ数日大雨となっており、すでに地盤が緩んでいるエリアもあります。
雨が強く降っていなくても、浸水や河川の氾濫だけでなく、土砂災害にも警戒をし、最新情報を確認してください。

現地の様子

土砂災害に注意

土砂災害危険度マップを見ると、先日の大雨で被害のあった秋田では、少しづつ土砂災害のリスクは薄れてきているようですが、油断は禁物です。
また、現在雨が降っている新潟以外の北陸でも実効雨量が多いため、土砂災害の可能性があります。
「がけに割れ目ができる」「がけから水が出る」などの前兆が出たら注意してください。