2017/07/25 12:56 ウェザーニュース

梅雨前線が停滞している影響で、北陸エリアは今日も断続的に強い雨が降っています。
昨日24日(月)の夕方に激しい雨となった金沢市では今朝になって再び雨が強まり、午前5時までの1時間に17.5mm、午前8時までに20.5mmを観測。24時間の降水量は100mmを超えました。また、7月の雨量としては8年ぶりの400mm超えの大雨となっています。

◆現在の雨雲の様子
※最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。


金沢市に土砂災害警戒情報も

これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるため、気象台は7時40分に金沢市と能美市に土砂災害警戒情報を発表。
10時15分頃に能美市は警戒解除地域となりましたが、引き続き金沢市周辺では引き続き警戒。
崖の近くなど土砂災害の発生しやすいエリアにお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、自治体からの情報もこまめにご確認ください。

この後、金沢では再び15~18時頃に激しい雨になる予想です。引き続き、道路冠水、川の増水、土砂災害にご注意ください。
石川県だけでなく、福井県や富山県でも局地的に雨が強まる恐れがあります。