2017/08/05 07:09 ウェザーニュース

8月5日〜7日の3日間、山形県山形市では「花笠まつり」が行われます。
今回は、そんな山形花笠まつりの見所とともに気になる天気をお伝えします。

今やメインに!

花笠まつりは、今では温泉などで有名な蔵王(ざおう)をPRする目的で、生まれました。
といっても、昔は「花笠音頭パレード」という蔵王夏まつりの中の一イベントでした。

それが後に単独のお祭りとなり、現在の「山形花笠まつり」になったそうです。

個性豊かな花笠踊り

このお祭りの見所は、なんといっても1万人を超える踊り手たちの花笠踊り。
「1万人がみんな同じ踊りをするの?」

いえいえ、集団ごとに個性があるのです。

艶やかな衣装に身をつつみ、しなやかで、美しい正調女踊りを踊る集団や体全体を使った力強い踊りが目をひく、正調男踊りを踊る集団があります。
他にも、創作踊りを踊る集団やたくみな笠回しを披露する集団などがあり、見物客は最後まで飽きることなくパレードを楽しむことができます。

参加するチャンスも!

花笠まつりに参加するためには、20人以上200人以内の団体を作り、事前に応募する必要があります。
じゃあ、当日一緒に踊ったりはできないのか…と残念がることはありません!

20人以下でも、個人でも、お祭りに参加できるチャンスが2回あります。
それは、市役所前で行われる輪踊りとパレード最後尾の飛び入りコーナー。

お祭りが始まってから程なくして行われる輪踊りでは、踊りを教えてくれる方がいます。まずはそこで練習し、その後20:30頃から参加できるパレードの最後尾で踊ってみると、より一層お祭りを満喫できるのではないでしょうか。

気になる天気は?

今日は日差しが届き、気温は34℃まで上昇する予想です。熱中症対策を万全にお出かけください。7日にかけて雲が多くなりますが、ムシムシとした体感で、こまめな水分補給など暑さ対策も必要です。

参考資料など

【参照・参考元】
山形花笠まつり公式ホームページ http://www.hanagasa.jp/index.html