2017/07/26 14:52 ウェザーニュース

今年の夏、行ってみたい花火大会についてウェザーニュース会員と調査!その結果をランキング形式で発表します。
全国で一番注目されている花火大会は!?(回答数:4952)

第5位:なにわ淀川花火大会(大阪)

◆開催日時
8月5日(土)19:40〜20:40(予定)
◆打ち上げ数、昨年の人出
非公開、約43万人

◆見所
左右2ヶ所で大きくひらく「水中花火」と、「10号玉10連発」が、視界に納まりきらないほどに水面と夜空を埋め尽くします。
水面の上できれいに半円にひろがるダイナミックなスターマインと頭上に大きく広がる大玉の花火によって視界全体を覆う圧倒的な迫力が見どころです。

第4位:諏訪湖祭湖上花火大会(長野)

◆開催日時
8月15日(火)19:00〜21:00
◆打ち上げ数、昨年の人出
約40000発、約50万人

◆見所
打上数、規模ともに全国屈指の花火大会です。湖上ならではの水上スターマイン(Kiss of Fire)や全長約2kmにおよぶ大ナイヤガラなど圧倒的なスケール感を誇る演出が目白押しです。

第3位:長岡まつり大花火大会(新潟)

◆開催日時
8月2日(水)〜8月3日(木)19:20〜21:10(予定)
◆打ち上げ数、昨年の人出
20000発(2日間合計)、約102万人

◆見所
日本一の大河信濃川を舞台に2日間で約2万発もの大輪の花が夜空を彩ります。
名物「正三尺玉」をはじめ、音楽とシンクロしたストーリー性のある「天地人花火」「花火この空の花」、復興シンボル「フェニックス」など、バラエティーに富んだ大型花火が咲き乱れます。

第2位:大曲の花火(秋田)

◆開催日時
8月26日(土)
昼花火17:30〜18:15/夜花火18:50〜21:30
◆打ち上げ数、昨年の人出
約18000発、約74万人

◆見所
全国から選び抜かれた27人の花火師さんが日本一を目指し、精魂込めて製作した作品を打ち上げます。厳正な審査のもと、内閣総理大臣賞をはじめ、数々の褒賞が授与されます。

第1位:隅田川花火大会(東京)

◆開催日時
7月29日(土)19:05〜20:30(予定)
◆打ち上げ数、昨年の人出
約20000発(コンクール玉200発を含む)予定
約96万3000人

◆見所
享保年間に始まった隅田川の花火大会は、交通事情の悪化などで中断しましたが、昭和53年に「両国の川開き」から「隅田川花火大会」と名を改め復活し40回目となります。今年もビルと花火の光の競演をお楽しみ下さい。



ランキング上位の花火大会は、これから開催のところばかり!今週末は第1位の隅田川花火大会も予定されています。
まだお悩みの方は、ランキングを参考に花火鑑賞へ出かけませんか?

行ってみたい花火大会
ランキングTOP20

1位 隅田川花火大会
2位 大曲の花火
3位 長岡まつり大花火大会
4位 諏訪湖祭湖上花火大会
5位 なにわ淀川花火大会
6位 彦根・北びわ湖大花火大会
7位 教祖祭PL花火芸術
8位 全国選抜長良川中日花火大会
9位 川崎市制記念多摩川花火大会
10位 みなとこうべ海上花火大会

11位 熊野大花火大会
12位 夏季熱海海上花火大会
13位 いたばし花火大会・戸田橋花火大会
14位 江戸川区花火大会
15位 土浦全国花火競技大会
16位 関門海峡花火大会
17位 宮島水中花火大会
18位 勝毎花火大会
19位 鎌倉花火大会
20位 天神祭奉納花火