2017/08/06 07:13 ウェザーニュース

8月6日〜8日は、全国の七夕祭りの中でも、特に見物客が多いことで有名な「仙台七夕まつり」が開催されます。

旧暦の季節感に合わせて

七夕というと、7月のイメージがありますが、仙台の七夕は8月に行われます。

旧暦から新暦に変わった時、昔から続く伝統行事の日付をどうするかは、地域によって違ったといいます。
季節感がずれるものの、旧暦の日付をそのまま新暦に引き継いだ地域は7月7日。
旧暦の時の季節感を重視した地域は8月7日が多いです。
※本来の旧暦に合わせると毎年日付が変わってしまうため、新暦に1ヶ月足した「月遅れ」と呼ばれるものを採用したそうです。

目を引くのはやっぱり…!

仙台七夕まつりは、今風に言うと非常にフォトジェニックなお祭りです。
至る所に大小様々な笹飾りがあり、どれも豪華絢爛。
その中でも一際目を引くのが、くす玉にひらりとなびく吹き流し。5本セットで飾るのが仙台流だそうです。
和紙を使い、人の手で丁寧に作られた笹飾りからは風情と温かみが感じられます。

それぞれに込められた願いとは?

仙台の七夕では、七つ飾りという伝統的な笹飾りがあります。先程紹介した吹き流しもその一つです。
この七つ飾りには、それぞれ異なる願いが込められています。

一つひとつにどんな意味があるのかを知っていると、また少し見方が変わってきますよ。

イベント盛りだくさん!

仙台七夕まつりでは、星の宵まつりというパレードや野外で行われる夕涼みコンサートなどが行われます。また、瑞鳳殿七夕ナイトでは、なんとも雅な竹灯籠のイルミネーションを見ることができます。

丸1日楽しめるようなお祭りとなっていますので、ぜひ足を運ばれてみては♪

気になる天気は?

3日間通して雲が優勢の空。にわか雨の可能性があるため、折りたたみ傘が欠かせません。また、ジメジメムシムシとした不快な暑さとなります。

参考資料など

【引用元】
仙台七夕まつりホームページ「七つ飾り」http://www.sendaitanabata.com/outline/feature