2017/08/09 10:22 ウェザーニュース

毎年8月9日〜12日は、高知県高知市にて「高知よさこい祭り」が開催されます。

よさこいの始まり

よさこい祭りは、戦後の経済復興のために企画されたのが始まりでした。
商店街に人を呼び込み、活気あるものにできないかと、高知市の商工会議所及び高知市が力を合わせてお祭りを開催することを決めました。

ちなみに、現在にも引き継がれている8月10日・11日という日取りは、第1回から変わっていません。この日に決めた理由は、降水確率が1番低かったからだそうです。
気象データを調べた上で日取りを決めていたなんて…お祭りへの思いが違いますね!

美しい集団美

ロック調、サンバ調、演歌調などチームごと様々にアレンジされた曲と踊りは、このお祭りの1番の見所。

この日のため、努力や苦悩を重ねた踊り子たちの気迫あふれる踊りは、見るものをとらえて離しません。
約200団体、1万8000人の有志は夏の熱気にも負けない熱さがあります。

古風なものから現代的なものまで

踊り子たちの衣装は、まさに個性そのもの。機能性はもちろん、曲や踊りのテイストに合わせたデザイン性のある衣装も注目すべきポイントの一つです。

職人さんが徹夜で作った地方車

よさこい祭りには「地方車(じかたしゃ)」というものが登場します。
各チームに1台あり、トラックを職人さんが丁寧に飾り付けていきます。踊りに欠かせない音楽の音源であり、ステージの役割もあります。さらに、夜になれば提灯や電飾が光り、演出効果もあるなど、こだわりがたくさんつまっています。踊りだけでなく、ぜひ地方車にも注目してみてください。

気になる天気は?

9日(水)の後夜祭は段々と雲が広がり、にわか雨の可能性があります。観覧には折り畳み傘があると安心です。
また、10日(木)は日差しが届き、最高気温は35℃と猛暑日に。踊り子の皆さんも観客のみなさんも熱中症対策が必須です。
こまめな水分補給と休憩をしっかりととってください。
11日(金)〜12日(土)も日差しが届いて厳しい暑さが続くため体調管理を万全にお過ごしください。

参考資料など

高知よさこい祭り公式サイト http://www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoiweb/
公益社団法人「よさこい祭り」http://www.welcome-kochi.jp/yosakoi/index.html