2017/07/30 11:56 ウェザーニュース

最近一週間の国内の地震回数は前の週より若干増加しました。ただ、震度3以上の地震は1回だけど、比較的静かな状況です。(7月24日〜29日の集計)

震度3は1回のみも、M5後半の地震が度々発生

期間内に震度3以上を観測した地震は27日に岩手県沿岸南部を震源とする地震のみでした。実際に揺れを感じた地震は少なかったものの、地震の規模としてはM5後半の地震が何度か発生しました。

24日0時36分頃 三陸沖でM5.7
26日19時33分頃 奄美大島近海でM5.6
28日8時59分頃 鳥島近海でM5.6

いずれも深さは10kmと浅いものでした。いずれもエリアも過去にはM6.5を超える地震が発生したことがあります。津波を伴うこともあり、こうしたエリアの動向は気になる所です。

アイスランドで一時的に地震増加

アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震はありませんでした。世界的には地震活動が静かな一週間だったと言えます。大きな地震ではありませんが注目されるのがアイスランドでの地震活動です。アイスランド南西部のレイキャ半島付近で26日頃から地震が増加しました。今回の震源域は活火山からは離れているため、火山活動に直結するものではないと見られます。また、島の南部にあるカトラ火山のカルデラ内でも地震が発生しましたが、こちらはその後、活動が活発化することはありませんでした。