2017/07/30 16:01 ウェザーニュース

台風5号は小笠原諸島の南の海上を進んでいます。一旦は970hPaまで発達しましたが、29日9時には980hPaと勢力を少し落としました。ただ、30日になって海水温や上空の風などの条件が発達に適したエリアに入り、再び勢力を強めています。少しバラけていた中心付近の雲もまとまりが増し、台風の目も形成され始めました。

台風5号(ノルー)

▽現在の情報(30日15時現在)
大きさ   --
強さ    強い
方向・速さ 西北西 7km/h
中心気圧  975hPa
最大風速   35m/s
最大瞬間風速 50m/s


30日15時の中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は35m/sで、再び強い勢力となりました。

今後はゆっくりと西よりに進路を変えながらさらに発達を続け、1日(月)には中心気圧が955hPa、最大風速40m/sになる見込みです。週の後半にかけて徐々に北上する予想で、今後の勢力や進路に要注意です。