2017/08/03 17:50 ウェザーニュース

4日(金)は、台風がさらに南西諸島に接近。奄美諸島や種子島、屋久島ではだんだんと強まる雨風に警戒してください。西・東日本の太平洋沿岸でも、うねりを伴う高波に注意が必要です。

台風への対策は午前の内に

台風5号がゆっくりと南西諸島に接近し、奄美諸島や種子島、屋久島ではだんだんと雨風が強まる見込みです。

この台風はゆっくりとした速度で動くため、雨風の強い状態が長く続く恐れがあります。食料の買い出しや飛ばされそうなものの片付けなど、台風への対策は午前のうちにお済ませください。夕方以降の不要な外出は控えたほうが良さそうです。
また、波の高い状態が続きますので、沿岸には近づかないでください。

太平洋側はスッキリしない空

台風から離れている西・東日本の太平洋沿岸部でも、台風からの暖かく湿った空気の影響で一時的な強雨の恐れがあります。外出時は傘をお忘れなく。

その他のエリアは日差しが届きますが、午後は北海道や西・東日本の山沿いを中心ににわか雨に注意が必要です。

西日本は、35℃を超える地域が多く、危険な暑さが続きます。屋内でも意識的な水分や塩分補給、クーラーを適宜使用するなど万全な熱中症対策が欠かせません。