2017/08/06 10:22 ウェザーニュース

台風5号が、九州に向かって北上中。すでに九州の一部は強風域に入っています。

九州では、先月発生した九州北部豪雨や、平成28年熊本地震の被災地など、現在も復旧作業を行っている地域がありますが、これらのエリアでも週末夜〜週明けは暴風雨や大雨災害に警戒が必要です。

九州北部の見解



九州北部(福岡・大分・熊本)は、6日(日)夜〜段々と雨風が強まり、7日(月)は早いところで朝から外出危険な暴風雨となる恐れがあります。

考えられる影響・被害

沿岸は高潮に警戒

週明けにかけては大潮でもあり、沿岸では台風最接近時の高潮に警戒が必要です。特に満潮時刻は要注意。
台風が最接する前から、沿岸には近づかないようにしてください。

被災地で新たな土砂災害や河川氾濫の発生

九州北部では、復旧作業中の河川や土砂災害発生箇所ありますが、今回の台風で新たな土砂災害や河川氾濫の発生の恐れも考えられます。
家屋応急対策(ブルーシートなど) のみのところでは、家屋損壊の再発にも注意が必要です。

◆避難場所・ルートの確認を
避難場所やそこへのルートの確認、またその場にとどまる場合は家のどこにいるのかなど、「もし避難となった場合はどうするのかを」確認し、備えておいてください。

対策は6日(日)昼間までに

この台風は速度が遅いため、特に福岡、大分では、7日(月)日中いっぱいは荒天が続く恐れがあります。

上記の大雨災害への対策の他に、食料の買い出しや家の周辺の片づけ、懐中電灯の準備などの台風への備えは6日(日)昼までに済ませ、7日(日)は復旧作業も含め、外出は控えてください。

また、必ずこまめに自治体情報の確認を行ってください。