2017/08/05 20:33 ウェザーニュース

台風5号が接近している九州では、鮮やかな夕焼けが見られました。

鮮やかな夕焼けになるメカニズム

空気中の水蒸気が多いほど波長の短い青色光が散乱し、波長の長い赤色は散乱されずに目に届くため、夕陽が赤くなります。
その赤い光が上空に広がる雲を下から照らすことで雲が赤く輝き、キレイな夕焼けを見ることができるのです。

鮮やかな夕焼けは台風接近のサイン

水蒸気画像(5日19時)をみると、九州は特に真っ白くハッキリと映る雲がみられます。
現在九州に接近している台風5号によって、南から湿った空気が次々と流れ込んでおり、九州では空気中の水蒸気量が増加しています。鮮やかな夕焼けが見られたのはこのため。つまり、”台風が近づいている証拠”です。

台風5号は明日九州南部に接近・上陸の恐れ

強い勢力の台風5号は、種子島を暴風域に巻き込みながら、屋久島の近海をゆっくり北北西に進んでいます。今後は、やや再発達しながらゆっくり北寄りに進み、明日6日には九州に上陸の恐れがあります。明日の九州南部は、大雨、暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。