2017/08/06 19:37 ウェザーニュース

最近一週間の国内の地震回数は、前の週より大幅に増加し、総数は50回を上回っています。震度3以上の地震も5回と多く、特に関東で地震が相次ぎました。(7月31日〜8月5日の集計)

関東で震度3以上の地震が4回発生

8月に入り、関東地方でやや強い地震が立て続けに発生しました。8月2日の2時2分頃に発生したM5.5、最大震度4の地震を皮切りに、7時16分頃にM4.6、3日の13時45分頃にM4.5、5日の7時55分頃にM4.1が起こっています。

2日にわずか5時間の間隔で発生した震度4の地震は、同じ茨城県内が震源ではありますが、位置や深さから考えて直接の関連性は薄いと考えられます。このエリアは地震の巣と言えるくらい、地震の多発地域で、似たようなパターンは2016年の2月7日にもありました(10時09分に北部でM4.4、19時26分に南部でM4.6)。

茨城県北部、南部を震源とする震度3以上の地震は、今回の一連の地震をのぞくと今年に入って6回、去年は23回発生しています。こうした立て続けの地震が大地震と関連する可能性は低いと考えられます。ただ、いつかやってくる地震に備え、こういった地震のタイミングで、危険回避の手順など再確認をするようにしましょう。

海外は2週続けてM6以上の地震なし

アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震はありませんでした。日本時間の7月21日にギリシャで発生したM6.6の地震が最後なっています。