2017/08/11 13:43 ウェザーニュース

今日は『山の日』です。山といえば川。お盆休みに入り、子どもを連れて川遊びを楽しんでいる方もいるようです。

すでに35℃超え地点が多数

正午を過ぎた段階で、高知県黒潮町で36.0℃、愛媛県愛南町で35.1℃を観測するなど、西日本は今日も35℃前後まで上がり、水遊びが気持ち良い休日になっています。自然の風に当たって、水に触れて、涼を取るのもステキですね。

午後は急な雨や雷に注意
ただ、午後は天気の急変に注意が必要です。日本付近は太平洋高気圧の張り出しが弱いため、上昇気流が発生しやすい上に、梅雨末期に見られるような高温多湿の空気が流れ込んでいて、雨雲が発生・発達しやすい気象条件が揃っています。
実際、中国四国エリアから東海エリアまで、局地的に活発な雨雲が現れ始めています。

◆現在の雨雲の様子
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

川遊びは上流の空に注目

特に山は雨雲が発達しやすいエリアです。そこで、川遊びは、上流の空にも注目してください。自分の真上の空は晴れていても、川の上流で激しい雨が降り、急激に川が増水することがあります。川の上流や山の方角の空に、モクモクとした入道雲や黒い雲が見えたり、ゴロゴロと遠くで雷のような音が聞こえたら、川遊びを中断する勇気を持ってください。