2017/08/11 18:41 ウェザーニュース

北日本や関東では、明日12日(土)も雨具が活躍。一方で、西日本は厳しい暑さが続きます。

エリア毎に解説

北日本

土曜日は雲優勢の空で、各地で雨具が活躍します。特に道南や東北北部ではザッと雨の降り方が強まったり、落雷の恐れも。低地では道路冠水に注意が必要です。
暑さは控えめで、太平洋側沿岸では少しヒンヤリとした体感となる所もありそうです。

関東甲信・静岡

関東では雲が多くスッキリしない空。朝は沿岸を中心にザッと強い雨の可能性があります。昼間は内陸を中心に薄日の届く所があっても、夕方以降は再び各地でニワカ雨の可能性があるため、雨が止んだ後も折りたたみ傘があると安心です。
宇都宮や前橋などで花火大会が開催されますが、空の変化にご注意ください。

東海〜西日本

東海や近畿では朝は雲が多くニワカ雨の可能性がありますが、太平洋側を中心に段々と日差しが届きます。中国四国や九州、沖縄では、朝から晴れて夏空に。猛暑日となる地点もあり、紫外線や熱中症対策が必須です。

夜は西日本ほどペルセウス座流星群観測チャンス!

夜はペルセウス座流星群が見頃を迎えます。晴れていれば肉眼でも観測できるので、夏の夜空を彩る流星群に願い事をしてみるのもいいかもしれません。