2017/08/14 05:41 ウェザーニュース

今朝は近畿や東海で晴れている所があるものの、全国的に雲が広がり、関東や東北では雨が降っています。
今日14日(月)は西日本の天気も下り坂。傘がお守りという所が多くなります。

◆現在の雨雲の様子
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

エリア毎に解説

北日本・関東

北海道や東北、関東は、上空に寒気を伴う低気圧やオホーツク海の高気圧から吹き出す冷たく湿った風の影響で、太平洋側を中心に雲が広がり、雨が降ります。
主に弱い雨や霧雨ですが、ザーッと本降りの雨になることも。ジメジメとした梅雨を思わせる体感です。

関東を除く東日本

関東を除く東日本は変わりやすい空。雲の間から日差しが届いても油断禁物で、山沿いを中心ににわか雨や雷雨があります。
折り畳み傘がお守りです。

西日本

西日本は、朝は日差しの届く所もありますが、天気はゆっくりと下り坂。
西から前線が近づくため、九州の早い所では朝から雨が降り出します。
中国四国地方も、夕方からにわか雨の可能性があるため、帰り道に備えて傘をお持ちください。
近畿は、明日15日(火)に雨が予想されるため、お出かけは今日がおすすめです。

天気が下り坂でも、30℃を超え、ムシムシ・ジメジメと不快な暑さになります。今日も熱中症対策を万全に行ってください。