2017/08/15 20:18 ウェザーニュース

各地で盛り上がる花火大会シーズン!今回は、8月後半に東日本で開催されるオススメ花火大会をご紹介します。
それぞれの大会の見所も要チェック!

8/19(土)
2017みさとサマーフェスティバル花火大会&
第41回流山花火大会(埼玉)

◆打ち上げ数
約14000発(合わせて)、約10万人

◆見所
光と音楽がシンクロする「流山スカイミュージカル」は必見。埼玉県と千葉県の県境である江戸川の広大な河川敷で開催する。花火と音楽がシンクロする「流山スカイミュージカル」やスターマインが見どころ。埼玉県美郷市と同時開催で、合わせて約1万4000発を打ち上げる。大会会場の周辺には、歴史的な建造物や古民家を改装したカフェやレストランがあるほか、住民手作りの切り絵行灯が約90基近く設置されている。趣き深い町並みも楽しみながら花火が見られるところも魅力の一つ。


8/20(日)
2017神宮外苑花火大会(東京)

◆打ち上げ数、昨年の人出
約12000発、約37万人

◆見所
神宮外苑花火大会は、山手線内唯一、最大規模の観客動員数、スケール、内容を誇ります。東京三大花火と称される神宮外苑花火大会の魅力は、見物環境抜群のスタジアムなどで楽しめ、人気アーティストの競演もお楽しみ。色彩や現状にこだわったスターマイン(連発花火)や趣向を凝らした多彩な花火で、神宮の夜空を鮮やかに彩ります。

8/26(土)
第46回相模原納涼花火大会(神奈川)

◆打ち上げ数、昨年の人出
約8000発、約20万人

◆見所
会場である高田橋付近には多くの露店が並び毎年約8000発の花火が夏の夜空を美しく彩ります。

8/26(土)
第39回鹿嶋市花火大会(茨城)

◆打ち上げ数、昨年の人出
約10000発、約16万人

◆見所
夜空に打ち上がる花火と、湖面に映る花火の両方が楽しめます。湖上打ち上げならではの水中スターマインやエンディングをかざる尺玉108連発が見所です。※小雨決行、荒天時順延