2017/08/19 16:46 ウェザーニュース

今日の関東地方は大気の状態が不安定になっています。午後になって関東北部を中心に雨雲が発達、特に栃木県内で雷を伴った激しい雨が降っています。

激しい雨で道路冠水も

日本有数の雷銀座の栃木県では雷や雷雲のことを「ライ様」と呼ぶことがあり、今回はまさにそのもの。高根沢町で1時間に52.0mm、宇都宮市で28.5mmの激しい雨を観測(〜15時40分)。道路冠水などを引き起こしました。

▼最新の雨雲レーダー
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

関東南部も夕方以降、要注意

こうした活発な雨雲は夕方から夜にかけて南下を続け、関東南部にも激しい雨をもたらす恐れがあります。

関東南部は当初の予想以上に日差しが出て、気温が上がっており、その分だけ大気の状態は非常に不安定です。最大で1時間に60から80mmに達する猛烈な雨が予想され、わずかな時間での道路冠水や急激な河川増水の恐れがあります。
行楽などからのお帰りの時間帯に雨のピークとなりますので、最新の情報を確認の上、できればピーク時の移動を避けるなど、対策をしてください。また、落雷や突風に対しても注意が必要です。