2017/08/22 12:49 ウェザーニュース

北海道や東北日本海側には低気圧や前線が接近・通過。また、この低気圧に向かって湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達。
特に北海道の道央・道南地域から東北日本海側では激しい雨や雷雨となり、道路の冠水や河川の増水に注意が必要です。

▼現在の雨雲の様子
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

12時現在、山形県庄内沖の雨雲はかなり発達しており、飛島で10分で17mmと猛烈な雨を観測。庄内地方では沿岸部中心に14時〜15時頃にかけて局地的に1時間に50〜60mmの雷を伴った非常に激しい雨の恐れがあります。
また、秋田県南部でも大雨に警戒が必要です。



激しい雨のピーク時はなるべく無理な外出はお控えください。