2017/09/23 17:41 ウェザーニュース

24日(日)は、高気圧に覆われて広いエリアで行楽日和となります。ただ、関東南部や静岡県は雲多めの空。折りたたみ傘がお守りです。

エリア毎に解説

北海道:道東は雨具を忘れずに

昼間は広いエリアで晴れて、行楽日和となります。ただ、道東や道南の日高エリアは明日まで前線の影響が残り、雲の多い空。釧路や根室、十勝エリアほどニワカ雨の可能性があるため、お出かけの際は雨具を忘れずに。

昼間は過ごしやすい体感となるものの、朝晩は肌寒いため、上着で体感温度を上手に調節をしてください。

東北〜九州:太平洋側は折りたたみ傘がお守り

関東南部から紀伊半島南部では、風のぶつかり合いで発生した雲が広がり、ニワカ雨の可能性があります。特に関東南部や静岡は、日差しが届いても油断せず、折りたたみ傘をお持ちください。

種子島や屋久島、奄美諸島は、秋雨前線の影響で雲が主役の1日。雨が降り、ザッと強まることも。お出かけの際は雨具が必須です。

その他のエリアは高気圧に覆われ、晴れて行楽もバッチリ。昼間は汗ばむ暑さとなるため、朝晩との寒暖差に注意してください。
東日本の山沿いでは午後にニワカ雨の心配があるため、山のレジャーは念のため折りたたみ傘があると安心です。

沖縄:お出かけを楽しめる天気

先島諸島ほど日差しがしっかりと届いて、お出かけを楽しめる天気。ザッと雨が降ることはあるものの、雨宿りでしのげる程度です。
相変わらずの夏のような暑さで、熱中症対策が欠かせません。