2017/10/23 10:41 ウェザーニュース

今回の衆議院議員選挙小選挙区の投票率は53.69%(23日7時現在推計)となりました。
超大型台風21号直撃による荒天が大きく影響したと考えられます。

期日前投票は増えるも
台風で当日の投票率は大打撃

今回は、台風などの影響で、投票日当日が荒天である事が事前に各メディアで伝えられていました。その効果もあってか、期日前投票者数は、前回に比べて大幅増の約2140万人と過去最多となりました。
22日(日)も午前中のうちは前回を上回る投票率となったものの、午後になり天気が荒れ始めると投票へ向かう有権者が減少。
結果的には、戦後2番目に低い水準となる投票率となる見込みとなりました。

確かな事は言えませんが、今回のように台風の影響で荒天となる場合は、投票へ向かう有権者はやはり減少するようですね。