2017/11/19 05:55 ウェザーニュース

昨夜から東北南部や北陸、長野で次々と初雪が観測され、今朝も、日本海側で雪や雨が降っています。今日は、北海道や東北を中心に大雪、吹雪に警戒が必要です。

エリアごとの天気

日本海側は冬の嵐

急発達する低気圧が通過した後、日本列島は西高東低の冬型の気圧配置となっています。
寒気のピーク時(今夜)には、平地で雪を降らせる強さの上空1500m付近マイナス6℃以下の寒気が、中国地方から北陸、関東北部付近まで流れ込み、大雪の目安となる上空5000m付近マイナス36℃以下の寒気が、北海道と東北北部を覆います。

このため、日本海側は雪や雨が降り、北海道や東北では、内陸を中心に積雪も多く、大雪の恐れがあります。

風も強く吹雪による視界不良の恐れもあります。路面状態の悪化や交通機関への影響にご注意ください。

東日本や西日本も、山沿いを中心に雪が降り、平地でも雨に雪が混じる可能性があります。上空の寒気が強いので、雷やアラレ、突風にもご注意ください。

太平洋側も冬が急接近

一方、太平洋側は、冷たく乾いた北風が吹き、晴れる所が多くなります。ただ、東海や近畿エリアは、日本海からの雨雲の影響を受けやすく、にわか雨の可能性があります。
日差しが届いても、風が冷たく、気温が上がりません。最高気温でも10℃前後で、12月中旬から1月上旬並みの寒さという所が多くなります。前日との差が大きいので、体調の管理にご注意ください。

◆現在の雨雲・雪雲の様子
最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。