2017/11/21 16:53 ウェザーニュース

22日(水)は弱い前線の影響で、西から天気は下り坂。西日本は強まる雨に注意が必要です。

また、北海道は寒さが緩み、雨で雪が溶けて、路面状態が悪化する恐れがあります。慎重な運転を心がけてください。

エリアごとの天気

北海道:路面状態の悪化に注意

日差しが届くことはあるものの、雲が主役の空。日本海側から雨が降り出し、札幌も夕方以降は雨の降る可能性があります。

沿岸部では強風による、横殴りの雨にも注意が必要です。太平洋側では雲が多く、ニワカ雨やニワカ雪の可能性があるため、折りたたみ傘を忘れずにお持ちください。

また、この雨で雪が溶けて路面状態が悪化する恐れがあります。冬タイヤの装着はもちろん、慎重な運転を心がけてください。

東北〜九州:西から天気下り坂

西から天気は下り坂。西日本では段々と雨が降りだし、強まることもあります。外出の際は傘が必須です。

また、東海エリアにも弱い前線があり、朝からニワカ雨の可能性があります。遅い時間ほど雨は降りやすくなるため、折りたたみ傘を忘れずにお持ちください。

日差しが届くその他のエリアも、段々と太陽は雲隠れ。夜は雨の降る可能性があります。東北の沿岸部や能登半島は風も強まるため、洗濯物の外干しは早めの時間がオススメです。

沖縄:強雨に注意

低気圧や前線が通過する影響で、本島では雨が降ります。強雨や落雷、突風に注意が必要です。

先島諸島も雲が多く、ザッと強い雨に注意が必要です。

低気圧通過後は風向きが北寄りに変わり、夜はヒンヤリとした体感になります。羽織るものが1枚あると安心です。