2017/12/07 17:09 ウェザーニュース

8日(金)は低気圧や前線が北日本と本州南岸を通過し、広く傘が必要な一日に。
寒さも続くので暖かい服装で外出してください。

エリアごとの天気

北海道:太平洋側も雪かきが必須

8日(金)昼頃にかけて低気圧が南岸を通過する影響で、太平洋側でも雪が積もり、雪かきが必須です。

日本海側も8日(金)朝まではシッカリと雪が降り、積雪増加の恐れがあります。昼間もニワカ雪の可能性があるので注意してください。

東北〜九州:傘が必要な一日に

前線通過の影響で、東北から中国の日本海側は雨や雪が降ったり止んだり。一時的に降り方が強まったり雷を伴う恐れもあります。東北や山沿いは路面状態の悪化に注意が必要です。また、だんだんと北風が強まり横殴りの雨や吹雪になる恐れがあります。体感温度も下がるので、風を通しにくい服装がオススメです。

太平洋側は南岸の低気圧や前線の影響を受けます。西日本では変わりやすい天気で、一時的にザッと雨が強まることも。関東や東北もだんだんと雨が降り出すので、家を出るときに雨が降っていなくても傘をお持ちください。

九州もニワカ雨の可能性があるので、折りたたみ傘があると安心です。

沖縄:雨風対策を

雲が多く、午前を中心に雨が降ります。また、北風でヒンヤリするため、外出時は雨と風への対策が欠かせません。