2017/12/14 16:49 ウェザーニュース

15日(金)は、高気圧に覆われ広く穏やかな天気になります。
日本海側は週末から再び雪や雨が降るので、穏やかなうちに雪の片づけを行っておくと安心です。

エリアごとの詳しい天気

北日本・新潟:雪かきを!

日本海側を中心に雪や雨の降ることがあるものの、降り方は弱め。さらに、札幌周辺や道南太平洋側、東北はだんだんと降りにくくなります。土曜日になるとシッカリ雪や雨の恐れがあるため、雪かきを進めておくと良さそうです。

一方、太平洋側は日差しが届いて穏やかな空となります。

西・東日本:日本海側は待望の日差し

北陸西部〜鳥取県では、朝はニワカ雨・雪の可能性があるものの、だんだんと太陽が登場。待望の日差しにホッと一息つけそうです。

その他のエリアは広く日差しが届きます。ただ、関東南部や静岡県はニワカ雨の心配あり。

また、西日本は天気下り坂。鹿児島県や宮崎県はニワカ雨の可能性があり、九州北部も夕方以降は雨が心配。帰り道に備えて折りたたみ傘をお持ちください。中四国の西のエリアも夜遅くには雨が降る可能性があるので、早めの帰宅が安心です。

沖縄:雨は降っても短時間

日差しが届きます。ニワカ雨の可能性はあるものの、降っても短時間です。

冬らしい寒さ続く

各地で冬らしい寒さが続きます。暖かい上着やカイロ・マフラーなど防寒は万全に。