2017/12/18 17:00 ウェザーニュース

明日19日(火)は、日本海から低気圧や前線が接近、通過。東北〜九州の日本海側を中心に雪や雨の降ることがあります。降り方の強まりや落雷、アラレにも注意が必要です。関東は日差しがたっぷりで、寒さが少し和らぎます。

エリアごとの詳しい天気

北日本

北海道日本海側(札幌周辺を除く)は寒気の影響で、シンシンと雪が降ったり止んだり。積雪がじわじわと増えそうです。落雪の恐れもあるため、こまめに除雪をしてください。札幌周辺は晴れたり雪が舞ったりと変わりやすい天気になりそうです。道東は日差しが届きます。

道南や東北北部は低気圧の通過により、ドカドカと湿った雪や、ザーザーと強い雨が降ります。特に東北北部では落雷や降雹、突風の恐れも。雪の残る地域は路面状態の悪化に注意が必要です。

東北南部は日差しが届いても、前線の通過に伴い、広く雨や雪の降ることがあります。強く降ったり、落雷やアラレの恐れも。外出時は傘をお持ちください。

東日本

関東周辺では日差しタップリの1日となります。北陸は強雨やアラレ、激しい落雷に注意が必要です。甲信や東海は日差しが届くものの、長野県や岐阜県、愛知県では雨や雪の降ることがあります。外出の際は傘をお持ちください。

西日本

九州〜近畿は日差しが届いても、ニワカ雨に注意が必要です。特に日本海側では強雨や激しい落雷の恐れも。外出の際は折りたたみ傘をお持ちください。

高知や宮崎など太平洋側は青空が広がります。

朝は厳しい冷え込み

北日本の朝は各地、引き続き厳しい寒さとなります。最大限の寒さ対策を行ってください。

西〜東日本の雨が降るエリアは、雨の後に冷たい風が吹き、寒さが強まります。上着だけでなく、マフラーや手袋など小物アイテムもあると安心です。

関東など晴れるエリアは日差しがたっぷりで、昼間は暖かさを感じられそうです。空気は乾燥するので、火の元や風邪には十分注意してください。