2018/01/24 16:50 ウェザーニュース

25日(木)も強い冬型の気圧配置が続き、今季最強の冬将軍が居座ります。北日本の日本海側は猛吹雪に厳重な警戒が必要です。
また、晴れる関東も朝は記録的な冷え込みに。昼間も極寒なので最大限の寒さ対策を。

エリアごとの天気

北日本:日本海側は猛吹雪に厳重警戒

非常に強い寒気の影響で、日本海側を中心に雪が降ります。沿岸は風が吹き荒れ、猛吹雪になる恐れも。特に車を運転する際は、ホワイトアウトによる視界不良に注意が必要です。
交通機関への影響も心配なので、不要不急の外出は控えてください。

内陸では短時間で積雪が増加する恐れがあり、屋根からの落雪にも注意が必要です。

太平洋側は日差しが届くことがあるものの、道南や東北では時々雪が降ります。こちらも自転車が倒れる〜歩行困難レベルの風が吹き荒れるので視程の悪化に注意してください。

北陸、近畿北部、山陰:雷や突風、アラレに注意

雪が降り、強風で吹雪になることがあります。また、発達した雪雲がかかるため、雷や突風、アラレにも注意が必要です。

積雪の急増、落雪に注意し、安全を確保の上こまめに除雪を行なってください。

東日本・西日本太平洋側:近畿はウッスラ積雪の恐れ

日差しの届く所が多いものの、西日本では雪のチラつく可能性があります。近畿ではウッスラと積もる恐れもあるので、足下に注意してください。東海も今夜の雪で路面状態が悪化する恐れがあるので注意が必要です。

記録にも記憶にも残る寒さに

今季最強の冬将軍の影響で、全国的に体の芯まで凍えるような極寒となります。
特に朝の冷え込みは厳しく、東京でも−3℃の予想。内陸ではさらに厳しい冷え込みとなり、水道管の凍結の恐れもあります。水道管の中の水を出しておく、弱く出しっぱなしにしておくなどの対策を就寝前にやっておくと安心です。