2018/03/20 05:25 ウェザーニュース

今日20日(火)は、西日本や東日本の広い範囲で冷たい雨が降り、傘やレインコートが欠かせません。あちらこちらで桜が咲き始めているというのに、非情な寒の戻り。今日は冬物のアウターや防寒グッズが活躍します。

エリアごとの天気

北日本:北海道日本海側は強まる雪に注意

中国大陸から張り出す高気圧に覆われて、晴れる所が多いものの、上空に寒気が流れ込むため、北海道の日本海側を中心に、雲が広がりやすく、雪が降りそうです。

後志・石狩地方は、短時間ながら吹雪による視界不良や積雪による路面状態の悪化に注意が必要です。

西・東日本:昼間は雨が止むエリアも

本州の南岸付近に前線が停滞し、前線上を低気圧が通過します。
このため、西日本や東日本の広い範囲で雨が降り、太平洋側を中心にザーザーと本降りの雨になります。

やや強い風を伴う所も多いので、大きい傘やレインコートが活躍しそうです。また、甲信や北陸の山沿いは、雪やみぞれが降るため、足下の状態や交通機関への影響でにご注意ください。

沖縄:強雨や雷雨のおそれも

前線が接近し、天気下り坂となります。昼間はムシムシとした体感です。夕方からは雷雨になる恐れがあり、強い雨の後は気温が急激に下がります。夜に外出する際は服装に注意してください。

再び冬コートの出番

「寒の戻り」となり、前日との急激な体感の変化にご注意ください。
本州の南岸付近に前線、中国大陸北部に高気圧があるため、冷たい北風が吹き、寒気が流れ込みます。

このため、2月頃の寒さに戻る所が多い予想です。東京の最高気温は7℃の予想で、昨日の最高気温より10℃近く低くなりそうです。寒暖の変化に体調を崩さないようご注意ください。