2018/04/17 05:30 ウェザーニュース

きょう17日(火)は西・東日本でスッキリしない空が広がります。太平洋側は午前中から雨がぱらつき、午後になると雨のエリアは拡大しそうです。お出かけには傘が必要です。

エリアごとの天気

西・東日本:お出かけには傘が必需品

本州の南の海上に伸びる前線や湿った空気の影響を受け、各地でスッキリしない空が広がりそうです。太平洋側は午前中から雨が降りやすく、午後は本降りの雨の所が増えてきます。

北陸でも夕方以降は雨が降り出すため、外出時に雨が降っていなくても折りたたみ傘をお持ちください。

北日本:北海道で気持ち良い青空

高気圧に覆われて晴れる所が多くなります。東北南部は午後になると雲が増え、だんだんと日差しは隠されそうです。東北北部や北海道は天気の崩れがなく、特に北海道はほとんど雲のない、気持ちの良い青空が広がります。

西・東日本はヒンヤリ体感

西日本や東日本は、日差しがないこともあり、気温があまり上がりません。20℃に届く所は少なく、少しヒンヤリとした体感です。昼間でも上着が活躍します。

日差したっぷりの北日本は気温が上がり、北海道は15℃前後の予想です。日差しの下では上着なしで過ごせるくらいの春の陽気になります。