2018/04/23 05:39 ウェザーニュース

23日朝も、全国的に晴れている所が多いものの、関東や東北のほか、九州で雲が広がり始めています。
このあとは西から近づく低気圧や前線の影響で西日本ほど天気が下り坂です。季節外れの暑さも一段落しますが、前日との気温差の大きい所もあるため、服装で調節してください。

西日本:午後は段々と雨に

西から近づく低気圧や前線の影響で、午後は段々と雨が降り出します。遅い時間になるほど、本降りの天となるため、帰り道に備えて傘をお持ちください。

北陸や甲信、東海や近畿、四国は、午前中を中心に日差しが届くものの、だんだんと雲が広がります。明日は広い範囲で雨が降るため、今日の日差しを有効に活用ください。

関東、東北:折りたたみ傘がお守り

昨日まで晴れと季節外れの暖かさをもたらしていた高気圧の中心が東の海上へ離れるため、海から湿った風が吹きつけ、東北や関東では雲の多い空となります。
午前中からにわか雨の可能性もあるため、折り畳み傘がお守りです。

北海道:日差しの有効活用を

高気圧が、北海道の東の海上にあります。このため、北海道は日差しがたっぷり降り注ぎ、春らしい暖かさの所が多くなりそうです。

沖縄:コロコロ変わる空模様

高気圧の縁を回り込む暖かく湿った風の影響で、変わりやすい空です。日差しが届いても、にわか雨の可能性があります。

昨日の昼間との差が10℃以上開く所も

関東や東北では、冷たく湿った東風の影響で、気温が下がります。

昨日29.9℃まで上がり、4月の過去最高気温を記録した仙台は、今日の最高気温が14℃の予想。この他にも、昨日の昼間との差が10℃以上開く所もあるため、昨日より1枚多く羽織る物などを用意した方が良さそうです。

東海、甲信エリアから西側は、昨日と同じくらいの所もあり、5月から6月頃の暖かさですが、日差しが乏しくなる分、昨日との体感の変化がありそうです。風邪など引かないように体調の管理にご注意ください。