2018/10/12 05:30 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は日差し戻るも朝晩ヒンヤリ
・天気回復が遅い関東は雲優勢
・北日本日本海側は早くも”時雨”


今日12日(金)は低気圧や前線が段々と東に離れ、西から天気が回復します。日差しの戻るところが多くなりそうです。

上空に冷たい空気が流れ込むため気温は低めで、秋の深まりを感じる体感になります。

西日本は日差し戻るも朝晩ヒンヤリ

西日本は天気が回復し、日差しの戻るところが多くなります。

冷たい空気が流れ込んでくるため気温は低めで、特に朝晩はヒンヤリ。今シーズン一番の冷え込みで、15℃を下回るところが多くなります。
内陸部を中心に上着が欲しいくらいの体感になりそうです。

天気回復が遅い関東は雲優勢

関東は天気の回復が遅く雲の多い一日。雨は降ってもパラつく程度で、折りたたみの傘があれば十分にしのげます。
気温は昼間でも20℃そこそこで、少し肌寒く感じられそうです。

南西諸島も前線の影響が残って雨の降りやすい天気。那覇の最高気温は22℃で、5月3日以来、約5か月ぶりに25℃未満となる予想です。

北日本日本海側は早くも”時雨”

西高東低の気圧配置と上空の寒気の影響で、日本海側を中心に変わりやすい天気となります。少し早めの”時雨”になりそうです。

日差しがあっても油断できませんので、お出かけには折りたたみの傘をご用意ください。